鴨長明 方丈記 入間川

鴨長明 方丈記 入間川

鴨長明 方丈記 入間川



方丈記の原文と現代語訳を全て記したサイトです。現代語訳は、分かりやすく原文に忠実な言葉遣いで表し、全文全訳を対照併記しました。鎌倉時代を代表する随筆の一つ、鴨長明が著した方丈記の世界を完全版で御堪能ください。

『方丈記』の名文家として日本文学史に不滅の名を留める鴨長明であるが、散文の名作はいずれも最晩年に執筆されたもののようで、生前はもっぱら歌人・楽人として名を馳せていたらしい。後鳥羽院の歌壇に迎えられたのは四十代半ばのことであった。

鴨長明の思想が色濃くにじみ出た説話集『発心集』と、彼の生涯を映し出した随筆『方丈記』とは、ともに密接な関係にある。武蔵国、入間川の洪水の話では、『方丈記』の災害描写と共通する卓越した筆の冴えをみせ、臨場感にあふれた表現も注目される。

鴨長明の思想が色濃くにじみ出た説話集『発心集』と、彼の生涯を映し出した随筆『方丈記』とは、ともに密接な関係にある。武蔵国、入間川の洪水の話では、『方丈記』の災害描写と共通する卓越した筆の冴えをみせ、臨場感にあふれた表現も注目される。

現代語訳 方丈記. 佐藤春夫著. 岩波書店 2015.3 岩波現代文庫, 文芸 ; 259 『 方丈記 』は、時代、政治の移り変わり、天変地異により翻弄され続ける、この世での人の命と栖のはかなさを、深い無常観を踏まえた上で隠者鴨長明が和漢混淆の雄勁な日本語で描いた中世随筆文学の代表作。

方丈記 著者 鴨長明 著[他] 出版者 講談社 出版年月日 昭和23 シリーズ名 新註国文学叢書 請求記号 914.4-Ka41ウ 書誌ID(国立国会図書館オンラインへのリンク) 000000688599 DOI 10.11501/1129763 公開範囲 国立国会図書館内公開 詳細表示 資料種別 (materialType) Book ...

鴨長明(1155~1216)の「方丈記」の冒頭部分である。鎌倉初期の名だたる随筆集であり、人生の無常観を活写した文学作品として知らない人はいない。

鴨長明没後 800 年ということで、『方丈記』と鴨長明の生涯の解説放送があった。 4年前には、nhk「100 分で名著」でも解説があった。今回また別の人の解説ということで復習である。 放送は、テキスト棒読みではなかったので聞きやすかった。

『発心集』(ほっしんしゅう)は、鎌倉初期の仏教 説話集。『方丈記』の作者として知られる鴨長明(1155-1216年)晩年の編著。 建保四年(1216年)以前の成立。「長明発心集」とも。仏の道を求めた隠遁者の説話集で『閑居友』、『撰集抄』などの説話集のみならず、『太平記』や『徒然草 ...

51 「鴨長明の生き方とは」 ゲストと対談. 3/14 ㊿「後代の評価」 3/7 ㊾「鴨長明の生き方」 2/29 ㊽「方丈記の真実」 2/22 ㊼「月への想い」 2/15 ㊻「長明の執着と妄念」(其の三)断惑. 2/8

鴨長明 方丈記 入間川 ⭐ LINK ✅ 鴨長明 方丈記 入間川

Read more about 鴨長明 方丈記 入間川.

3
4
5
6
7

Comments:
Guest
There is one art of which man should be master--the art of reflection.
Guest

Make tomorrow another day and not today's sequel.

Guest
Gentleness and kind persuasion win where force and bluster fail.
Calendar
MoTuWeThFrStSu