鞄 安部公房 指導案

Feby 8, 2020
鞄 安部公房 指導案

鞄 安部公房 指導案

2013-09-09up高校国語指導案・安部公房『鞄』初読後・感想①対象は高校三年、二クラス。②約二十分間の読み聞かせの直後、「思った、気づいた、考えたこと。疑問など」をノートに書かせた。③全員の指名なし発表後提出。④分類は傭兵。⑤下線、太字、四角囲み、問いなどの分類語、は全て ...

机間指導 グループ内での意 見交流を通して、 考えを深めるよう に助言する。 6 第3時の学習指導案 本時の位置 3時間目(全3時間) 本時の学習目標 ア 小説のもつ虚構性を理解し、「鞄」とは何かについて考える。 (読む能力)

単元「鞄」(安部公房)は、生徒にとってなじみの薄いシュールレアリスム作品であり、一読して全体 を理解することは難しい。しかし、クリティカル・リーディングを意識することにより、そのような作品 のテーマにも迫れると考えた。

2 『棒』 安部公房 (筑摩書房『精選国語総合 現代文編 改訂版』p.106~) 3 『山月記』 中島 敦 (筑摩書房『現代文 新訂版』p.74~/『精選現代文 改訂版』p.22~) 特講 『変身』 フランツ・カフカ/池内紀 訳 (『変身』白水uブックス)

安部公房の「鞄」という作品がある。 新潮文庫にて「笑う月」という短編集の中にこれから取り上げる「鞄」という作品が収められているので、是非とも手に取って触れていただければと思う。 500円ほど出せば買えるものです。 安部公房 「鞄」 鞄は、持ち物であり、運ぶための容れ物だっ ...

2013-09-13up高校国語指導案・高3でもどんどん指名なし発表させよう『鞄』感想『鞄』初読後・感想指名なし発表、の授業感想感想内容と前後しましたが、その時の「授業の」感想です。高3でも指名なし発表は簡単だし、他人の意見を聞いて刺激を受けます。

やあやあサイ象です。 「感想文の書き方」シリーズも、 早くも第36回。 「あらすじ」暴露サービスとしては 第13弾を数えます。 Sponsored Links 今回は安部公房の短編小説で、 高校現代文の教科書に採用 …

この短編集「笑う月」に収録された、安部公房作の短編「鞄」。 ある日、「私」の事務所に一人の青年が訪ねてくる。それはなんと半年前に出した求人を見てのこと。 そんな常識外れな青年は一つの鞄を持ってきていて、まるでその鞄に導かれてきたような口ぶり。

こんばんは。モモです。 今回の読書感想文は・・・ 『棒』 著:安部公房 高校現代文の教科書にも採用されていますね。 私も高校で習いました。 どんな授業だったかよく憶えていないのですが、授業が終わった後に先生にある質問をしたら先生があからさまに困った顔をしていた、という記憶 ...

安部公房『鞄』《2》からのつづき(1回目と目次はこちら)。 『鞄』は教科書に採用されているということもあって、この『鞄』シリーズにもGoogleなどの検索からたくさんのアクセスがある。皆さんは、なにを求めてこちらにいらっしゃるのだろう? この物語についてよく分からないところが ...

鞄 安部公房 指導案