青空文庫 安部公房 箱男

青空文庫 安部公房 箱男

青空文庫 安部公房 箱男



『箱男』(はこおとこ)は、安部公房の書き下ろし 長編小説。ダンボール箱を頭から腰まですっぽりとかぶり、覗き窓から外の世界を見つめて都市を彷徨う「箱男」の記録の物語。 「箱男」の書いた手記を軸に、他の人物が書いたらしい文章、突然挿入される寓話、新聞 記事や詩、冒頭のネガ ...

箱男 あらすじ・内容 《上野の浮浪者一掃 けさ取り締り 百八十人逮捕》冬ごもりの季節を控え、上野公園や上野駅周辺の浮浪者を一斉検挙したという新聞記事。《ぼくの場合》「箱男」の〈ぼく〉自身が、箱の中で「箱男」の...

「もう少しでノーベル文学賞を受賞することができたかもしれない」と言われる安部公房。国内外の作家にもさまざまな影響を与えてきたとされる、作家安部公房は小説だけでなく、数々の戯曲も残しています。そこで今回は安部公房の作品の選び方と共におすすめの人気作品をランキング形式 ...

『燃えつきた地図』(もえつきたちず)は、安部公房の書き下ろし 長編小説。『砂の女』『他人の顔』と共に、「失踪」三部作とされている 。 突然失踪した或るサラリーマンを捜索する探偵が、男の足取りを追って奇妙な事件に遭遇するうち、やがて探偵自身が記憶を見失って失踪する物語。

『方舟さくら丸』(はこぶねさくらまる)は、安部公房の小説。1984年11月、新潮社より〈純文学書き下ろし特別作品〉として刊行された。 もともとは『志願囚人』という題で執筆されていたが、ワードプロセッサー導入以後に改められている。 短編『ユープケッチャ』はこの作品のプロローグ ...

『第四間氷期』(だいよんかんぴょうき)は、安部公房のSF 長編小説。「序曲」「プログラム カード No.1」「プログラム カード No.2」「間奏曲」「ブループリント」の5章から成る。日本で最初の本格的長編SF小説だとされている 。 万能の電子頭脳「予言 機械」を研究開発した博士が、実験台と ...

『他人の顔』(たにんのかお)は、安部公房の長編小説。『砂の女』の次の長編で、「失踪三部作」の2作目となる 。 化学研究所の事故によって顔面に醜い火傷を負い「顔」を失った男が、精巧な「仮面」を作成し、自己回復のため妻を誘惑しようとする物語。 。新たな「他人の顔」をつける ...

安部公房はこのようにして、現代の生きた現実に立脚し、 作品化を試みる。 安部公房は、自分自身の経験を作品化しない。 だが、日常と断絶された、想像だけを頼りに、 作品を書いているわけではない。

安部公房といえば、『メタルギア』シリーズの生みの親である小島秀夫さんの話を思い出す。主人公がダンボールを使って身を隠すというあの常軌を逸した行為は、安部公房の『箱男』をモチーフにして生まれたらしい。だから安部公房を読むならまず『箱男』が読み

[mixi]文学つながり 『安部公房』好きなら・・・。 この作家好きかも。この本好きかも。これは読んどきなさい。 推薦お ...

青空文庫 安部公房 箱男 ⭐ LINK ✅ 青空文庫 安部公房 箱男

Read more about 青空文庫 安部公房 箱男.

5
6
7
8
9

Comments:
Guest
It's pretty hard to beat a neighbor who's as generous with his tomatoes as with his zucchini.
Guest

The virtues of being punctual are largely offset by having to wait for people who aren't.

Guest
A truly contented person enjoys the scenery along a detour.
Calendar
MoTuWeThFrStSu