雪国 川端 康成 冒頭

雪国 川端 康成 冒頭

雪国 川端 康成 冒頭



【「雪国」川端康成】国境の長いトンネルを抜けると雪国であった。夜の底が白くなった。信号所に汽車が止まった。向側の座席から娘が立って来て、島村の前のガラス窓を落した。雪の冷気が流れこんだ。娘は窓いっぱいに乗り出して、遠くへ呼ぶように、「駅長さあん、駅長さあん」明りを ...

『雪国』(ゆきぐに)は、川端康成の長編小説で、名作として国内外で名高い。雪国を訪れた男が、温泉町でひたむきに生きる女たちの諸相、ゆらめき、定めない命の各瞬間の純粋を見つめる物語 。愛し生きる女の情熱の美しく哀しい徒労が、男の虚無に研ぎ澄まされた鏡のような心理の抒情に映されながら、美的に抽出されて描かれている 。

川端康成「雪国」の冒頭の英訳はどうやって訳したのでしょうか? 「どうやって」とは、どういう意味ですか?どう工夫したか、という意味ですか?たとえば、「夜の底」をどう訳すのかとか・・・「夜の底」をどういう意味でとらえるのか、翻訳者によって、さまざまな訳が施されています。

 · (全体の目次はこちら)川端康成の小説『雪国』の冒頭- 日本語での視点、英語での視点 - 2018年11月16日の朝日新聞に多和田葉子さんが「全米図書賞」を受賞したという記事があった。その記事のなかに、「日本の現代文学では、 71年に翻訳部門(当時)で ノーベル文学賞受賞者の 川端康成「山の ...

川端康成著『雪国』の冒頭文は主語が欠落している。 作者である川端康成が書いた文章に主語がないのだから、「その文章に主語は不要」というのが唯一無二の正解だとは思うが、その文章に当てはまる主語がどこかに存在すると仮定して。

川端康成の小説『雪国』を翻訳した日本文学者、サイデンステッカーの英訳 ”Snow Country” は名訳だといわれるが…さてどうだろうか。 有名な「雪国」の冒頭部分の訳を見ると、 英語による思考の合理性が「雪国」の文学世界をずたずたにしている、

雪国 川端 康成 冒頭 ⭐ LINK ✅ 雪国 川端 康成 冒頭

Read more about 雪国 川端 康成 冒頭.

6
7
8
9

Comments:
Guest
Peace of mind is not the absence of conflict from life, but the ability to cope with it.
Guest

The easiest way to have your family tree traced is to run for public office.

Guest
Success has a simple formula--do your best, and people may like it.
Calendar
MoTuWeThFrStSu