雨傘 川端 康成

雨傘 川端 康成

雨傘 川端 康成



筑摩書房が出している『ちくま日本文学 川端康成』を久しぶりに開いてみました。私は、川端康成というとなぜか田舎の仏壇と線香の香りを思い出します。作家それぞれで想…

川端康成 1899―1972 ・「雨傘」は「掌の小説」所収。 = 新感覚派 らしさがよく表れた作品 (鋭い感覚で世界の姿をとらえ、従来にない 斬新な表現をこころみた) ・日本初の ノーベル文学賞 受賞者

まず注目したいのは、冒頭の雨の描写である。「濡れはしないが、なんとはなしに肌の濕る、霧のやうな春雨だつた」「春雨」という言葉ひとつで、この物語全体を表していると言っても過言ではないだろう。詩歌にもよく用いられる季語としての意味は、「しっとりと暖かく降り包む春の雨 ...

[Re: 'さと'を読んで。] こんにちは、王彦景さん。 ブログを読んでくださって、うれしく思います。 私にわかることでしたら、お答えしますので、参考までになさってください。

川端 康成(かわばた やすなり、1899年(明治32年)6月14日 - 1972年(昭和47年)4月16日)は、日本の小説家、文芸評論家。 大正から昭和の戦前・戦後にかけて活躍した近現代日本文学の頂点に立つ作家の一人である。 1968年、ノーベル文学賞受賞。. 大阪府出身。 東京帝国大学 国文学科卒業。

川端康成の「掌の小説」の詩学 に即して感得される。 姿でもあり、とりわけ描かれた世界の中心的人物や事物のありょうは詩的主観も体験するが、また詩的主観が合一的に観照する世界の世界を虹のごとく瞬時に彩る様相が「純情」である。

 · 【ホンシェルジュ】 川端康成は日本初のノーベル文学賞作家。鋭い洞察と柔らかな文体で書かれた彼の作品は、今もなお、多くの作家に影響を与えています。時に切なく、時に官能的。そんな美しい文章をとことん味わえる、川端康成の10作品をご紹介します。

『眠れる美女』(ねむれるびじょ)は、川端康成の中編小説。全5章から成る。「魔界」のテーマに連なる川端の後期を代表する前衛的な趣の作品で、デカダンス文学の名作と称されている 。 すでに男でなくなった有閑老人限定の「秘密くらぶ」の会員となった老人が、海辺の宿の一室で、意識 ...

川端康成 三島由紀夫 解説>父親は火星人、母親は木星人、息子は水星人、娘は金星人と、各々、宇宙人として覚醒した埼玉県飯能市の大杉一家は、人類を滅亡から救済するため宇宙友朋会をつくり活動する。

雨傘 川端 康成 ⭐ LINK ✅ 雨傘 川端 康成

Read more about 雨傘 川端 康成.

5
6
7

Comments:
Guest
Elbow grease gives the best polish.
Guest

The road to success is dotted with many tempting parking places.

Guest
The right to do something does not mean that doing it is right.
Calendar
MoTuWeThFrStSu