鈴木光司 樹海

鈴木光司 樹海

鈴木光司 樹海



Amazonで鈴木 光司の樹海。アマゾンならポイント還元本が多数。鈴木 光司作品ほか、お急ぎ便対象商品は当日お届けも可能。また樹海もアマゾン配送商品なら通常配送無料。

自殺の名所を訪れる、様々な人間たち 「死」の気配を濃厚に漂わせる、富士の樹海。訪れる人々が生むドラマをこの世ならざるものが見守っている。魔力に満ちた連作短編集。

Amazonで鈴木 光司の樹海 (文春文庫)。アマゾンならポイント還元本が多数。一度購入いただいた電子書籍は、KindleおよびFire端末、スマートフォンやタブレットなど、様々な端末でもお楽しみいただけます。

鈴木 光司 | 2015年04月13日頃発売 | 自殺の名所を訪れる、様々な人間たち「死」の気配を濃厚に漂わせる、富士の樹海。訪れる人々が生むドラマをこの世ならざるものが見守っている。魔力に満ちた連作短編集。

死を渇望して樹海に溶け込む人間たちと、彼らとともに運命という名の濁流に巻き込まれていく人びとを描いた6つの連作短篇集。 「それぞれの短編に、長編一本分の着想が詰まっています」――鈴木光司 富士の裾野に広がる樹海で自殺を遂げた原田正吾。

樹海 - 鈴木光司のページをご覧の皆様へ HMV&BOOKS onlineは、本・CD・DVD・ブルーレイはもちろん、各種グッズやアクセサリーまで通販ができるオンラインショップです。 Pontaポイントもつかえて、お得なキャンペーンや限定特典アイテムも多数!

『樹海』(鈴木光司) のみんなのレビュー・感想ページです(30レビュー)。作品紹介・あらすじ:自殺の名所を訪れる、様々な人間たち「死」の気配を濃厚に漂わせる、富士の樹海。訪れる人々が生むドラマをこの世ならざるものが見守っている。魔力に満ちた連作短編集。

富士の樹海を人間の生き死にの磁場として、複数の人間の縁が交錯する物語を描ききった一冊で、堪能しました。一応、巻末に掲載されている初出を見ると、冒頭の「遍在」以降は「別冊文藝春秋」に掲載されており、連作短編というほどではないにしろ、登場人物の因縁に繋がりを持た …

鈴木 光司 ( すずき こうじ ); ペンネーム: 鈴木 光司 ( すずき こうじ ): 誕生 1957年 5月13日(63歳)日本・静岡県 浜松市: 職業: 小説家: 言語: 日本語: 国籍: 日本: 教育: 文学士: 最終学歴: 慶應義塾大学 文学部: 活動期間

鈴木光司の最新作は、2015年に発表した「樹海」。 自殺の名所といわれる樹海をモチーフにした6つの短編が収められた連作短編集です。 死を求めて樹海へ来た男の意識をたどる「遍在」や、虐待が自らの子供へと連鎖してしまうことに悩む女性を描く「娑婆

鈴木光司 樹海 ⭐ LINK ✅ 鈴木光司 樹海

Read more about 鈴木光司 樹海.

8
9
10
11
12

Comments:
Guest
Last year I made a list of things that I resolved to do--I'll use that list again this year--it's still as good as new.
Guest

Love conquers all, except poverty and toothache.

Guest
Gentleness and kind persuasion win where force and bluster fail.
Calendar
MoTuWeThFrStSu