遠藤 周作 深い 河 あらすじ

遠藤 周作 深い 河 あらすじ

遠藤 周作 深い 河 あらすじ



『深い河』(ディープリバー)は、1993年に発表された遠藤周作の小説。また、これを原作とした1995年の日本映画。タイトルの『深い河』または“Deep River”というと、一般には黒人霊歌「深き河」で出てくるガンジス川のことである。

『深い河』(ディープリバー)は、1993年に発表された遠藤周作の小説。また、これを原作とした1995年の日本映画。タイトルの『深い河』または“Deep River”というと、一般には黒人霊歌「深き河」で出てくるガンジス川のことである。

遠藤が70歳の時に発表された。遠藤の生涯のテーマ「キリスト教と日本人」の最終章となった作品である。1994年に

遠藤が70歳の時に発表された。遠藤の生涯のテーマ「キリスト教と日本人」の最終章となった作品である。1994年に

遠藤 周作『深い河』の感想・レビュー一覧です。電子書籍版の無料試し読みあり。ネタバレを含む感想・レビューは、ネタバレフィルターがあるので安心。

『深い河』(遠藤周作) のみんなのレビュー・感想ページです(78レビュー)。作品紹介・あらすじ:人生の岐路で死を見た人々が、過去の重荷を心の奥にかかえながら、深い河のほとりに立ち何を思うのか。神の愛と人生の神秘を問う、著者渾身の感動的作品。

今月の読書 遠藤周作 「深い河」 1993年の作品。毎日芸術賞を受け、映画化もされており、氏の作品群の中では「沈黙」とともに知名度の高い作品である。

 · 遠藤周作の「深い河」を読み終わりました。 遠藤周作ものは、「沈黙」ぐらいしか読んだ事がありませんでしたが、この「深い河」も非常に心にのこる作品でした。 人間はいろいろなものを背負って生きていくんですね...

¥620 Amazon.co.jp 遠藤周作『深い河 ディープ・リバー』(講談社文庫)を読みました。 旅を題材にした物語で、昨日紹介した宮本輝の『ドナウの旅人』と並んでとりわけ印象に残っているのが、遠藤周作の『深い河』でした。 『深い河』は、1993年に書き下ろしとして発表された遠藤周作70歳の時 ...

『遠藤周作編 キリスト教ハンドブック(1993年、三省堂) 『心の航海図』(1994年、文藝春秋)のち文庫 『「遠藤周作」とShusaku Endo』(1994年、春秋社) 『「深い河」をさぐる』(1994年、文藝春秋)のち文庫 『女』(1995年、講談社)のち文春文庫

遠藤 周作 深い 河 あらすじ ⭐ LINK ✅ 遠藤 周作 深い 河 あらすじ

Read more about 遠藤 周作 深い 河 あらすじ.

6
7
8
9
10
11

Comments:
Guest
Raising kids is like building buildings- -you've got to spend time with them.
Guest

If you don't know where you are going, any road will get you there.

Guest
Contentment is contagious.
Calendar
MoTuWeThFrStSu