遠藤 周作 深い 河 あらすじ

Feby 8, 2020
遠藤 周作 深い 河 あらすじ

遠藤 周作 深い 河 あらすじ

『深い河』(ディープリバー)は、1993年に発表された遠藤周作の小説。また、これを原作とした1995年の日本映画。タイトルの『深い河』または“Deep River”というと、一般には黒人霊歌「深き河」で出てくるガンジス川のことである。

『深い河』(ディープリバー)は、1993年に発表された遠藤周作の小説。また、これを原作とした1995年の日本映画。タイトルの『深い河』または“Deep River”というと、一般には黒人霊歌「深き河」で出てくるガンジス川のことである。

遠藤が70歳の時に発表された。遠藤の生涯のテーマ「キリスト教と日本人」の最終章となった作品である。1994年に

遠藤が70歳の時に発表された。遠藤の生涯のテーマ「キリスト教と日本人」の最終章となった作品である。1994年に

遠藤 周作『深い河』の感想・レビュー一覧です。電子書籍版の無料試し読みあり。ネタバレを含む感想・レビューは、ネタバレフィルターがあるので安心。

今月の読書 遠藤周作 「深い河」 1993年の作品。毎日芸術賞を受け、映画化もされており、氏の作品群の中では「沈黙」とともに知名度の高い作品である。

『深い河 (講談社文庫)』(遠藤周作) のみんなのレビュー・感想ページです(580レビュー)。作品紹介・あらすじ:愛を求めて、人生の意味を求めてインドへと向う人々。自らの生きてきた時間をふり仰ぎ、母なる河ガンジスのほとりにたたずむとき、大いなる水の流れは人間たちを次の世に運ぶ ...

遠藤周作『深い河 ディープ・リバー』(講談社文庫)を読みました。 旅を題材にした物語で、昨日紹介した宮本輝の『 ドナウの旅人 』と並んでとりわけ印象に残っているのが、遠藤周作の『深い河』でした。

遠藤 周作(えんどう しゅうさく、1923年(大正12年)3月27日 - 1996年(平成8年)9月29日)は、日本の小説家。随筆や文芸評論や戯曲も手がけた。

500枚!深い河急いでます。遠藤周作さんの深い河の物語を教えてください! 遠藤周作 「深い河」あらすじ成瀬美津子は満たされぬ心を埋める“何か"を求めて、インドツアーに参加した。観光客を乗せたバスは聖地ベナレスを目...

遠藤 周作『深い河』の感想・レビュー一覧です。ネタバレを含む感想・レビューは、ネタバレフィルターがあるので安心。読書メーターに投稿された約101件 の感想・レビューで本の評判を確認、読書記録を管理することもできます。

遠藤周作『沈黙』あらすじ|世界で一番有名な日本の小説 . 遠藤周作『沈黙』は昭和41年、新潮社より出版。 出版後、たちまち文芸界の話題をかっさらった。 出版のその年のうちに、キリスト教系の雑誌から文芸誌まで、十数編の評論が発表された。

遠藤 周作 深い 河 あらすじ