遠藤 周作 日記

遠藤 周作 日記

遠藤 周作 日記



Amazonで遠藤周作の遠藤周作全日記 1950-1993。アマゾンならポイント還元本が多数。遠藤周作作品ほか、お急ぎ便対象商品は当日お届けも可能。また遠藤周作全日記 1950-1993もアマゾン配送商品なら通 …

Amazonで遠藤 周作の作家の日記 (講談社文芸文庫)。アマゾンならポイント還元本が多数。遠藤 周作作品ほか、お急ぎ便対象商品は当日お届けも可能。また作家の日記 (講談社文芸文庫)もアマゾン配送商品なら通常配送無料。

遠藤 周作(えんどう しゅうさく、1923年(大正12年)3月27日 - 1996年(平成8年)9月29日)は、日本の小説家。随筆や文芸評論や戯曲も手がけた。

『遠藤周作全日記 1950-1993』(遠藤周作)の販売ページです。

『沈黙』(ちんもく)は、遠藤周作が17世紀の日本の史実・歴史文書に基づいて創作した歴史小説。1966年に書き下ろされ、新潮社から出版された。江戸時代初期のキリシタン弾圧の渦中に置かれたポルトガル人の司祭を通じて、神と信仰の意義を命題に描いた。第2回谷崎潤一郎賞受賞作。この小説で遠藤が到達した「弱者の神」「同伴者イエス」という考えは、その後の『死海のほとり』『侍』『深い河』といった小説で繰り返し描かれる主題となった。世界中で13か国語に翻訳され、グレアム・グリーン

東洋と西洋の間で揺れ動き、迫りくる死の恐怖と葛藤しながら、「明晰に世界を見つめる」ことを求めてやまなかった作家・遠藤周作。偉大なるカトリック作家の魂の声を、余すところなく編纂した日記文学の金字塔!未公開の新資料、単行本未収録日記、多数収録。

キリストの誕生改版 著者:遠藤周作 価格:500円(税込、送料込) 楽天ブックスで詳細を見る 遠藤周作は12歳のときにご両親が離婚したという。 その後母上がカトリックの教会に通うようになった 関係で彼も洗礼を受けたということだ。 母上への愛着から信仰を深め、カトリックの原点を ...

遠藤 周作 日記 ⭐ LINK ✅ 遠藤 周作 日記

Read more about 遠藤 周作 日記.

5
6
7
8
9
10

Comments:
Guest
A truly contented person enjoys the scenery along a detour.
Guest

One today is worth two tomorrows.

Guest
There are many ways of going forward, but there is only one way of standing still.
Calendar
MoTuWeThFrStSu