遠藤 周作 インド

遠藤 周作 インド

遠藤 周作 インド



遠藤 周作(えんどう しゅうさく、1923年(大正12年)3月27日 - 1996年(平成8年)9月29日)は、日本の小説家。 随筆や文芸評論や戯曲も手がけた。

海外旅行中、博物館や美術館へ行きますか?2019年のインド旅行中、私がデリーの国立博物館を訪れたきっかけは、ある小説でした。1993年に出版された、遠藤周作の『深い河』。1990年に初めてインドに行ったあと、90年代にこの本を読んでからも何度かインドには行っ…

この本は芥川賞作家、遠藤周作の「最後の純文学長編」である。(と本の帯に書いてあった) 話の概要としては、インド旅行に参加した5人の人間模様を通し、宗教とは何か、信仰とは何かを問いかけるもの …

『深い河』 遠藤周作がインドに見たもの 先日公開されていたマーティン・スコセッシ監督の映画『沈黙 -サイレンス-』の影響で、原作の『沈黙』があちこちの書店で平積みになっていた遠藤周作。

遠藤周作の作品です。彼自身の自伝的要素を織り交ぜてあります。複数の男女がそれぞれの想いを抱きながらインド旅行へと向かい、善も悪もない濁ったミルクティー色のガンジス川でそれぞれの答えを見つけていく話。構成はカラマーゾフの兄 ...

遠藤周作の「深い河〜ディープ・リバー〜」に出てくる、インドのVaranasiにあるホテル・ド・パリについて教えてください。 最近、遠藤周作の「深い河〜ディープ・リバー〜」を読んで、とても感動しました。何人もいる登場人物の中でも特に大津さんの生き様に。この小説を読んで感動した ...

陸路、インドからポルトガルにも渡ったと言われる山田長政を、遠藤周作さんはスケールの大きな日本人の生涯として描いています。 長政とは対照的に、海外に渡り日本に戻ってきて迫害死したペトロ岐部の生涯を描いた作品が、ランキング8位「銃と十字 ...

遠藤周作、晩年の作品。インドと言えば聖なるガンジス川・バラナシを思い浮かべる人も多いのでは。 ... 深い河 (講談社文庫) posted with ヨメレバ. 遠藤 周作 講談社 1996-06-13 . Amazon.

遠藤周作は、日本的なキリスト教を作った。自分の悪を監視し罰する厳しい父のような神ではなく、 いつもそばにいて自分の悲しみや苦しみを包み込んで、一緒に背負ってく れる「母なるもの」「永遠の同伴者」であるような神。やはり、自他不二的である。

遠藤 周作 インド ⭐ LINK ✅ 遠藤 周作 インド

Read more about 遠藤 周作 インド.

10
11
12

Comments:
Guest
A truly contented person enjoys the scenery along a detour.
Guest

The easiest way to find something you've lost is to buy a replacement.

Guest
There is only one pretty child in the world, and every mother has it.
Calendar
MoTuWeThFrStSu