谷崎 潤一郎 三島 由紀夫

谷崎 潤一郎 三島 由紀夫

谷崎 潤一郎 三島 由紀夫



谷崎潤一郎を「大谷崎」、川端康成を「微細なるものの巨匠」と讃えた三島由紀夫。世界的にも名高い二人の文豪を三島はどう読んだのか。作家論・作品論はもちろん、随筆、人物評にいたるまで両者をめぐる文章を初集成。

 · 小説家の三島由紀夫は小説家の谷崎潤一郎をどう見たのだろうか。三島は谷崎潤一郎について『対談集・源泉の感情』(河出文庫)の舟橋聖一との対談で言及している。「谷崎ほどの大作家が死んだのだから国家が弔旗をかかげてもいい」三島由紀夫は対談の冒頭、最

 · 谷崎潤一郎と三島由紀夫の雰囲気谷崎潤一郎と三島由紀夫の人物としての雰囲気は似ていますか?また、三島は1990年まで生きていたらノーベル賞を獲れたと思いますか?安岡章太郎が現在も生存されていることを考えると、三島由紀夫が2007年にいても不思議ではないんですよね。

『文章読本』(ぶんしょうどくほん)は、谷崎潤一郎が読者向けに文章の書き方、読み方を分かりやすく記した文章講座の随筆集。川端康成や三島由紀夫をはじめ、他の作家も同じタイトルを踏襲した文章講座をそれぞれ出版している。本項ではおもに谷崎潤一郎、川端康成、三島由紀夫の『文章読本』について述べる。

三島由紀夫による谷崎、川端の評論を集めた文庫本(中公文庫:「谷崎潤一郎・川端康成」三島由紀夫)が図書館に新刊として入っていたので借 りてきて暫く読んでいる。文学全集の中の一つの巻として谷崎や川端が出版されたときにそれに付帯された解説する形での評論が多い。

谷崎潤一郎を「大谷崎」、川端康成を「微細なるものの巨匠」と讃えた三島由紀夫。世界的にも名高い二人の文豪を三島はどう読んだのか。作家論・作品論はもちろん随筆、人物評にいたるまで両者をめぐる文章を初集成。谷崎・川端文学への最良の入門であると同時に日本文学の真髄を示す。

 · 谷崎潤一郎の文章力って、夏目漱石、芥川龍之介、川端康成、三島由紀夫あたりの作家と比べるとどの程度でしょうか? 谷崎の大ファンで、全集をそろえて隅々まで読みました。長編向きの文章です。息が長いのが特徴。でも、...

谷崎 潤一郎(たにざき じゅんいちろう、1886年(明治19年)7月24日 - 1965年(昭和40年)7月30日)は、日本の小説家。明治末期から第二次世界大戦後の昭和中期まで、戦中・戦後の一時期を除き終生旺盛な執筆活動を続け、国内外でその作品の芸術性が高い評価を得た。

 · 戦後の日本文学を代表する作家・三島由紀夫。作品は読んだことないけれど、名前は聞いたことがある、という方も多いのではないでしょうか。 これまでの日本文学界の中でも、卓越した日本語力を持つと称される三島由紀夫。彼が一体どんな …

 · Junichiro Tanizaki

谷崎 潤一郎 三島 由紀夫 ⭐ LINK ✅ 谷崎 潤一郎 三島 由紀夫

Read more about 谷崎 潤一郎 三島 由紀夫.

8
9
10
11
12

Comments:
Guest
Do all you can and trust God to do what you cannot.
Guest

Be cautious--Opportunity does the knocking for temptation too.

Guest
Fear of becoming a has-been keeps some people from becoming anything.
Calendar
MoTuWeThFrStSu