谷崎 潤一郎 ノーベル 賞

谷崎 潤一郎 ノーベル 賞

谷崎 潤一郎 ノーベル 賞



ホーム > 各賞紹介 > 谷崎潤一郎賞 創業80周年を記念して、1965年に「谷崎潤一郎賞」が創設されました。 明治・大正・昭和を通じて、幅広いジャンルで活躍した谷崎の業績にちなみ、時代を代表する優れた小説・戯曲を顕彰します。

谷崎 潤一郎(たにざき じゅんいちろう、1886年(明治19年)7月24日 - 1965年(昭和40年)7月30日)は、日本の小説家。明治末期から第二次世界大戦後の昭和中期まで、戦中・戦後の一時期を除き終生旺盛な執筆活動を続け、国内外でその作品の芸術性が高い評価を得た。

谷崎潤一郎賞 第1回~第56回 トップページ|一覧〔小説全般〕|小説全般(公募)|小説全般(非公募)|一覧〔ミステリー・SF〕 一覧〔歴史・時代〕|一覧〔ノンフィクション〕|一覧〔詩集〕|一覧〔ライトノベル〕|一覧〔種々〕 サイトマップ

【ストックホルム=小山内伸】1958年のノーベル文学賞で、谷崎潤一郎が最終候補の一歩手前の候補者41人に入っていたことが、スウェーデン ...

A)ノーベル賞の選考過程は50年間はまったく明らかにされず、その後、資料が公開されるというルールになっています。 ... A)1958年に谷崎潤一郎 ...

谷崎潤一郎は1960年にもノーベル文学賞の最終候補直前の6人に選ばれていました。 ただ、選考委員の1人は谷崎の美学や感性は評価しつつも、「彼の技術は最高のものであるとは思えない」とか、「作品にあるサディズムは、西洋人の読者からは受け入れられにくいと思う」という見解を示しています。

 · 【ホンシェルジュ】 数々の名作を遺したことで知られる文豪・谷崎潤一郎。何度もノーベル文学賞の候補に挙がったほどの実力を持ち、小説だけでなく、エッセイや戯曲も執筆しました。私生活でも波乱万丈な経験をしており、それも文学好きの間では有名です。

半世紀前、谷崎潤一郎がノーベル文学賞を受賞し損ねた年の受賞者:パール・バック、パステルナーク、ド 23日付同紙で、1958年のノーベル文学賞 で、谷崎潤一郎が最終候補の一歩手前の候補者41人に入っていたことが分かった、 と報じたニュースだ。

谷崎潤一郎賞を受けた『容疑者の夜行列車』(14年)の終盤では、列車で同じ客室に乗り合わせた人々がにぎやかにおしゃべりする。 そこに ...

エドワード・ジョージ・サイデンステッカー(Edward George Seidensticker, 1921年2月11日 - 2007年8月26日)は、日本文学作品の翻訳を通して、日本の文化を広く紹介したアメリカ人の日本学者、翻訳家。より正確には「サイデンスティッカー」だが、親しみをこめて「サイデンさん」などと呼ばれることもある。

谷崎 潤一郎 ノーベル 賞 ⭐ LINK ✅ 谷崎 潤一郎 ノーベル 賞

Read more about 谷崎 潤一郎 ノーベル 賞.

5
6
7
8
9

Comments:
Guest
A truly contented person enjoys the scenery along a detour.
Guest

The most important ability is availability.

Guest
Between each dawn and setting sun, set aside some time for fun.
Calendar
MoTuWeThFrStSu