芥川 龍之介 詩

芥川 龍之介 詩

芥川 龍之介 詩



芥川 龍之介(あくたがわ りゅうのすけ、1892年〈明治25年〉3月1日 - 1927年〈昭和2年〉7月24日)は、日本の小説家。 本名同じ、号は 澄江堂主人 ( ちょうこうどうしゅじん ) 、俳号は我鬼。. その作品の多くは短編小説である。 また、『芋粥』『藪の中』『地獄変』など、『今昔物語集』『宇治 ...

底本:「筑摩全集類聚 芥川龍之介全集第四巻」筑摩書房 1971(昭和46)年6月5日初版第1刷発行 1979(昭和54)年4月10日初版第11刷発行 入力:土屋隆 校正:松永正敏 2007年6月26日作成 青空文庫 …

芥川龍之介 彼の詩集の本屋に出たのは三年ばかり前のことだつた。 彼はその 仮綴 ( かりと ) ぢの処女詩集に『夢みつつ』と言ふ名前をつけた。

(注) 1. 上記の詩は、岩波書店版『芥川龍之介全集』第九巻 (1978年4月24日第1刷発行、 1983年1月20日第2刷発行) によりました。 2.

同時に又詩の前にも常に懐疑主義者たらんと努めしことを自白す。 (大正十五・五・四) 底本:「芥川龍之介全集 第十六巻」岩波書店 1997(平成9)年2月10日発行 初出:「新潮 第二四年第九号」 ...

芥川龍之介 これは 上海 ( シヤンハイ ) 滞在中、病間に訳したものである。 シムボリズムからイマジズムに移つて行つた、英仏の詩の変遷は、この二人の女詩人の作にも、多少は 窺 ( うかが ) ふ事が出来るかも知れない。

芥川龍之介がスペイン風邪に罹患した折に詠んだ俳句があります。斎藤茂吉の『赤光』を高く評価し、自らも短歌の一種である旋頭歌を詠んでいましたが、俳句も作ったものが残されています。芥川龍之介のスペイン風邪の句をご紹介します。

芥川龍之介の生涯 1892年、現在の中央区明石町で牛乳屋を営む一家の長男として生まれる。 生後間もなく母が病気になり、現在の墨田区両国の母の実家の芥川家に預けられ、伯母に養育される。

芥川龍之介――彼は詩を熱情してゐる小説家である。 その頃、雜誌「改造」の誌上に於て、彼の連載してゐる感想「文藝的な、餘りに文藝的な」を讀むに及んで、この感はいよいよ深くなつて來た。その論文に於て、彼はしきりに「詩」を説いてる。

晩年の芥川龍之介が抒情詩を捧げた相手は、14歳年上の上流夫人だった。『越し人 芥川龍之介最後の恋人』 この記事は掲載から10か月が経過しています。記事中の発売日、イベント日程等には十分ご注意く …

芥川 龍之介 詩 ⭐ LINK ✅ 芥川 龍之介 詩

Read more about 芥川 龍之介 詩.

2
3
4
5

Comments:
Guest
Grandchildren are God's way of compensating us for getting old.
Guest

The one thing worse than a quitter is the person who is afraid to begin.

Guest
A bad habit is nothing more than a mistake repeated.
Calendar
MoTuWeThFrStSu