芥川 龍之介 詩

芥川 龍之介 詩

芥川 龍之介 詩



芥川龍之介 彼の詩集の本屋に出たのは三年ばかり前のことだつた。 彼はその 仮綴 ( かりと ) ぢの処女詩集に『夢みつつ』と言ふ名前をつけた。

芥川 龍之介(あくたがわ りゅうのすけ、1892年〈明治25年〉3月1日 - 1927年〈昭和2年〉7月24日)は、日本の小説家。本名同じ、号は澄江堂主人(ちょうこうどうしゅじん)、俳号は我鬼。

底本:「筑摩全集類聚 芥川龍之介全集第四巻」筑摩書房 1971(昭和46)年6月5日初版第1刷発行 1979(昭和54)年4月10日初版第11刷発行 入力:土屋隆 校正:松永正敏 2007年6月26日作成 青空文庫 …

(注) 1. 上記の詩は、岩波書店版『芥川龍之介全集』第九巻 (1978年4月24日第1刷発行、 1983年1月20日第2刷発行) によりました。 2.

これは芥川龍之介の詩集ではなくて、芥川龍之介が、貧しい詩人と詩について描いた掌編小説なんですが、すごく良いですよ。雰囲気が。芥川龍之介もまた、あまたの詩を愛読したんだろうなあということ …

Meiji University Title 芥川龍之介の詩歌観-内容形式論との関係を中心とし て- Author(s) 千田,実 Citation 文学研究論集, 31: 269-279

筑摩全集類聚 芥川龍之介全集第四巻: 1971(昭和46)年6月5日: 続澄江堂雑記: 筑摩全集類聚 芥川龍之介全集第四巻: 1971(昭和46)年6月5日: 鑑定: 筑摩全集類聚 芥川龍之介全集第四巻: 1971(昭和46)年6月5日: 一番気乗のする時: 筑摩全集類聚 芥川龍之介全集第四巻

注) 1. 上記の旋頭歌25首「越びと」の本文は、『芥川龍之介全集』第9巻(岩波書店、 1978年4月24日第1刷発行・1983年1月20日第2刷発行)によりました。

たとえば、つぎのような書き出しの文章に出会うことがある。「芥川龍之介にとって詩歌は余技である」。芥川は小説のほかにも、俳句、詩、短歌などの作品を残しているが、小説が本業だとすれば、「詩歌は余技」といういい方そのものは確かに正しい。

 · 芥川龍之介没後90年。その生涯に迫る。 1927年7月、日本を代表する文豪のひとりである芥川龍之介がこの世を去りました。『羅生門』や『鼻』などをはじめとする数々の作品を発表した芥川の素顔とはどのようなものだったのでしょうか。

芥川 龍之介 詩 ⭐ LINK ✅ 芥川 龍之介 詩

Read more about 芥川 龍之介 詩.

2
3
4
5

Comments:
Guest
Grandchildren are God's way of compensating us for getting old.
Guest

The one thing worse than a quitter is the person who is afraid to begin.

Guest
A bad habit is nothing more than a mistake repeated.
Calendar
MoTuWeThFrStSu