芥川 龍之介 秋 主題

Feby 8, 2020
芥川 龍之介 秋 主題

芥川 龍之介 秋 主題

『秋』(あき)は、芥川龍之介の短編小説。芥川が初めて試みた近代心理小説である。幼馴染の従兄をめぐる姉と妹の三角関係の愛と葛藤の物語。恋する人を妹に譲った姉の視点を軸にしながら、内に秘めた三者の揺れ動く微妙な心理が高雅な趣で表現されている。 1920年(大正9年)、雑誌『中央公論』4月号に掲載され、翌年1921年(大正10年)3月14日に新潮社より刊行の『夜来の花』に収録された。

『秋』(あき)は、芥川龍之介の短編小説。芥川が初めて試みた近代心理小説である。幼馴染の従兄をめぐる姉と妹の三角関係の愛と葛藤の物語。恋する人を妹に譲った姉の視点を軸にしながら、内に秘めた三者の揺れ動く微妙な心理が高雅な趣で表現されている。 1920年(大正9年)、雑誌『中央公論』4月号に掲載され、翌年1921年(大正10年)3月14日に新潮社より刊行の『夜来の花』に収録された。

芥川龍之介は

芥川龍之介は

小澤:芥川龍之介「秋」を読む の痕跡である。 「秋」の俊吉と信子の関係を考察するにおいて 参考になるのは、二年前の塚本文との結婚の経緯 である。「婚約時代の文宛龍之介書簡には、龍之 介の女性観や結婚観が率直に吐露されており注目

 · 言わずと知れた日本を代表する文豪・芥川龍之介。明治35(1892)年に生まれた芥川龍之介は、『羅生門』『鼻』『地獄変』等の数多くの作品を ...

このページでは『鼻/芥川龍之介【あらすじ・解説】・簡単な要約・読書感想文』を、”短く・わかりやすく” まとめています。他人の不幸には同情するけれど、他人の幸せは素直に喜べない…そんな利己主義・エゴイズムをどうぞお楽しみください!

芥川龍之介と言えば、『鼻』、『地獄変』、『杜子春』、『芋粥』、『羅生門』、『蜘蛛の糸』などなど王朝物を初期に書いており、要するに元ネタがあった作家なのですが、そこから脱却した最初の作品が『秋』です。 後年、生活と離れた芸術至上主義、また神経衰弱に悩まされていきます ...

芥川 龍之介(あくたがわ りゅうのすけ、1892年〈明治25年〉3月1日 - 1927年〈昭和2年〉7月24日)は、日本の小説家。 本名同じ、号は 澄江堂主人 ( ちょうこうどうしゅじん ) 、俳号は我鬼。. その作品の多くは短編小説である。 また、『芋粥』『藪の中』『地獄変』など、『今昔物語集』『宇治 ...

芥川龍之介は言わずと知れた大作家ですね。短編小説にかけては天才的で、すさまじい数の物語を十三年ほどで生み出してきました。当ブログでは、取り上げた作品をオススメランキング化したりしており …

芥川龍之介「鼻」のあらすじをご紹介します。物語は五十を越えた老僧の特徴を紹介するシーンから始まります。池の尾の僧である禅智内供(ぜんちないぐ)は、約15センチもの長さもある鼻を持っています。そのため、人々にはからかわれ馬鹿にされる日々でした。

底本:「芥川龍之介全集1」ちくま文庫、筑摩書房 1986(昭和61)年9月24日第1刷発行 1995(平成7)年10月5日第13刷発行 底本の親本:「筑摩全集類聚版芥川龍之介全集」筑摩書房 1971(昭和46)年3月~1971(昭和46)年11月 入力:j.utiyama 校正:earthian

芥川 龍之介 秋 主題