芥川 龍之介 の 蜜柑

芥川 龍之介 の 蜜柑

芥川 龍之介 の 蜜柑



芥川龍之介 或 ( ある ) 曇った冬の日暮である。 私 ( わたくし ) は 横須賀 ( よこすか ) 発上り二等客車の 隅 ( すみ ) に腰を下して、ぼんやり発車の笛を待っていた。

Amazonで芥川 龍之介の舞踏会・蜜柑 (角川文庫)。アマゾンならポイント還元本が多数。芥川 龍之介作品ほか、お急ぎ便対象商品は当日お届けも可能。また舞踏会・蜜柑 (角川文庫)もアマゾン配送商品なら …

「蜜柑」(みかん)は、大正8年(1919年)5月に芥川龍之介によって『新潮』に発表された短編小説(掌編小説)である。

蜜柑 芥川龍之介 或 《 ある 》 曇った冬の日暮である。 私 《 わたくし 》 は 横須賀 《 よこすか 》 発上り二等客車の 隅 《 すみ 》 に腰を下して、ぼんやり発車の笛を待っていた。

芥川 龍之介(あくたがわ りゅうのすけ、1892年〈明治25年〉3月1日 - 1927年〈昭和2年〉7月24日)は、日本の小説家。 本名同じ、号は 澄江堂主人 ( ちょうこうどうしゅじん ) 、俳号は我鬼。. その作品の多くは短編小説である。 また、『芋粥』『藪の中』『地獄変』など、『今昔物語集』『宇治 ...

底本:「現代日本文学大系 43 芥川龍之介集」筑摩書房 1968(昭和43)年8月25日初版第1刷発行 入力:j.utiyama 校正:野口英司 1998年3月16日公開 2005年10月18日修正 青空文庫作成ファイル:

芥川龍之介『蜜柑』の感想、分析、主題. 何でしょう、娘を田舎娘として見る主人公(芥川龍之介)の視線はちょっと嫌味なやつくらいの感じがしますが、よほど彼も疲れ切っていたのでしょうね。

芥川 龍之介 の 蜜柑 ⭐ LINK ✅ 芥川 龍之介 の 蜜柑

Read more about 芥川 龍之介 の 蜜柑.

3
4
5

Comments:
Guest
Another reason you can't take it with you--it goes before you do.
Guest

When high school kids wear rags today, we call it self-expression--When I was young and dressed this way, we called it the Depression.

Guest
He who sows courtesy reaps friendship, and he who plants kindness gathers love.
Calendar
MoTuWeThFrStSu