紀貫之 随筆

Feby 8, 2020
紀貫之 随筆

紀貫之 随筆

紀 貫之(き の つらゆき)は、平安時代前期から中期にかけての貴族・歌人。下野守・紀本道の孫。紀望行の子。官位は従五位上・木工権頭、贈従二位。『古今和歌集』の選者の一人で、三十六歌仙の一人。

 · 紀貫之は平安時代を代表する歌人でもあったから、ひらがなを使うことが彼にとって一番表現しやすかったのではないか、と言われている。 『土佐日記』以後の代表的な日記文学

たぶん、紀貫之が『土佐日記』でもくろんだのは、かな文字による言文一致の文章表現なのだと思う。 紀貫之は明治期にようやく確立した文体に挑戦していたのだ。 ひらたく云えば『土佐日記』は〈日記〉なんてヌルいシロモノじゃない。

Amazonで紀 貫之, 西山 秀人の{ProductTitle}。アマゾンならポイント還元本が多数。一度購入いただいた電子書籍は、KindleおよびFire端末、スマートフォンやタブレットなど、様々な端末でもお楽しみいただ …

小倉百人一首の歌人の短歌・和歌集では、小倉百人一首の登場人物である紀貫之の歌「人はいさ心も知らずふるさとは 花ぞ昔の香に匂ひける」の意味を、現代語訳として解説・紹介しています。

今回は、平安時代中期(930年ごろ)に紀貫之(きのつらゆき)が書いたと言われる土佐日記(とさにっき)について紹介してみようと思います。 土佐日記は、日本初の日記文学と言われ、その内容も実にセンセーショナルなものでした。

正岡子規 「貫之は下手な歌よみにて古今集はくだらぬ集に有之候」 この言葉は1898年(明治31年)正岡子規が書いた『歌よみに与ふる書』に書かれているものだ。子規は日本の最も伝統的な文学、短歌の世界で革命を断行し成功させた。

古典について質問です 随筆は作者が登場する場合が多いですが随筆以外にも作者が登場するジャンルはあるのでしょうか? 「筆者が登場」という意味の定義によって、回答の仕方も違うけど。文中に筆者が …

35 36: 百人一首の風景 奈良県桜井市 初瀬 梅 春: 35紀 貫之 人はいさ 心も知らず ふるさとは 花ぞ昔の 香ににほひける: 阪本桃水(純子)書: 歌意 あなたのほうは、さあ、どうだか、お心のうちはわかりません。

【紀貫之の代表歌】 三代集(古今和歌集・後撰和歌集・拾遺和歌集)のすべてに最も多く選ばれている 霞たちこのめも春の雪ふれば花なきさとも花ぞちりける (古今和歌集) 袖ひちてむすびし水のこほれるを春立つけふの風やとくらん (古今和歌集) ...

紀貫之 随筆