紀貫之 蟻通神社

紀貫之 蟻通神社

紀貫之 蟻通神社



蟻通神社(ありとおしじんじゃ)は、大阪府泉佐野市長滝にある神社。 蟻通明神とも呼ばれる。大国主命を祀る。

紀貫之の故事伝承のお話の後、神社に「蟻通(ありとおし)」と名をつけた由来のお話が続きます。 昔、唐土(もろこし)の国が日本を属国とするため提示した三つの難題に対して主人公の中将が老いた父の助言に従い帝に進言し、問題が解決されます。

『蟻通』(ありどおし)は、能楽における能の演目のひとつ。和歌によって神が慰められるという和歌を賞賛する内容であり、神を題材にしているが初番目物ではなく4番目物となっている。尉物に分類される。

 · 紀貫之の故事伝承のお話の後、神社に「蟻通(ありとおし)」と名をつけた由来のお話が続きます。 昔、唐土(もろこし)の国が日本を属国とするため提示した三つの難題に対して主人公の中将が老いた父の助言に従い帝に進言し、問題が解決されます。

 · 大阪府泉佐野市にある「蟻通神社」は、とても古く紀貫之にかかわる故事も残されています。あるとき旅の途上で貫之は、馬に乗ったまま蟻通神社の神域を通り過ぎようとしたため、神罰を受け馬が動かなくなってしまいます。それに対し、謝罪の歌を詠んだ事で馬は元気を取り戻しましたと ...

紀貫之が蟻通神社の社前を通りかかったところ、突然馬が病に倒れました。その時に貫之が過って、冠を路傍の渕の中へ落としました。冠を落とした池なので、「冠之渕」と呼びました。縦長の花崗岩の石碑建立は、天保年間といわれています。

和歌山県のかつらぎ町にある蟻通(ありとおし)神社です。 紀ノ川(きのかわ)の中流あたり四邑川(よむらがわ)との合流地点にあります。 四邑川にそってかつらぎ町の…

6月27日土曜日、仕事は公休日。高速道路の休日割引も復活したんで早朝から遠出する予定にしていて、目覚まし時計を朝3時に合わしてたんですけど、無意識のうちに時計…

『貫之集806』 に蟻通の歌が載っていますので、紀貫之が蟻通神社前を通りかかって、歌を詠んだのは、確かだと思われます。 貫之集に記載されている歌は、蟻通の謡曲に出てくる歌と、少し異なっています。以下に記します。

謡曲『蟻通(ありどおし)』では紀貫之が、「我、和歌の道に交はるとは申せども、いまだ玉津島の明神へ参らず候ほどに」と玉津島社を目指します。 さらに『源氏物語』や『宇津保物語』『平家物語』『源平盛衰記』『明徳記』などにも登場しています。

紀貫之 蟻通神社 ⭐ LINK ✅ 紀貫之 蟻通神社

Read more about 紀貫之 蟻通神社.

7
8
9
10
11
12

Comments:
Guest
Worry pulls tomorrow's cloud over today's bright sunshine.
Guest

Marriage is like any other job--it's much easier if you like the boss.

Guest
Family reunions sometimes leave us with feud for thought.
Calendar
MoTuWeThFrStSu