紀貫之 山部赤人 源当純

Feby 8, 2020
紀貫之 山部赤人 源当純

紀貫之 山部赤人 源当純

『3つの日本の抒情詩』(みっつのにほんのじょじょうし、ロシア語: Три стихотворения из японской лирики 、フランス語: 3 Poésies de la lyrique japonaise )は、イーゴリ・ストラヴィンスキーによって1912年から1913年にかけて作曲されたロシア語歌曲集。

山部 赤人(やまべ の あかひと、生年不詳 - 天平8年(736年)?)は、奈良時代の歌人。後世、山邊(辺)赤人と表記されることもある。姓は宿禰。大山上・山部足島の子とする系図がある。官位は外従六位下・上総少目。三十六歌仙の一人。

もし紀貫之がいなければ、ひらがなが日常的に使われることは無かったかもしれません。 作者不明といわれる竹取物語の作者も、文の巧みさなどから、紀貫之の作品ではないかといわれています。 幼名は「阿古屎」(あこくそ)です。

六歌仙|三十六歌仙|中古三十六歌仙|女房三十六歌仙|新三十六歌仙|集外三十六歌仙|小倉百人一首 新規登録 足代弘訓 松永貞徳 飛鳥井雅顕 冷泉為景 佐久間象山 荒木田久老 久坂玄瑞 堀田一輝 改訂(歌の入れ替え、略伝・注釈・鑑賞の追加・訂正など)

あすしらぬ(紀貫之),先人たちが残したさまざまな和歌を集め、現代訳して紹介していきます。

研究成果概要. ストラヴィンスキーの歌曲《日本の 3 つの抒情詩》に対する「日本の二次元的芸術にヒントを得て西洋の伝統にない独特の世界を開いた」という先行研究の解釈に、本研究は疑問を呈した。 《抒情詩》は、山部赤人、源当純、紀貫之の短歌に基づいて作曲されたが、参照されたの ...

《抒情詩》は、山部赤人、源当純、紀貫之の短歌に基づいて作曲されたが、参照されたのはブラントによるロシア語のテクストで、ドイツ語からの重訳。それらはすでに日本的な風情の薄れたものだった。

三つの日本の抒情詩 (山部赤人、源当純、紀貫之) モーリス・ドラージュ: 四つのインドの歌 (モーリス・ドラージュ) ソプラノ/ ドーン・アップショー ヴァイオリン/カーミット・ソリ、リン・チャン、ナイ=ヤン・フー、ロバート・ラインハート

ストラヴィンスキーは1913年に万葉集の山部赤人、古今集の源当純、紀貫之の3つの和歌のロシア語翻訳をテキストにして歌曲を書いた。松尾芭蕉の俳句や万葉集、古今集の和歌を歌曲にしたルリエーやチェレプニンなどのロシア人作曲家もいるという。

千人万首 五十音順索引 あ行 か行 さ行 た行 な行 は行 ま行 や行 ら・わ行. カッコ内の数字は収録歌数です。50首以上の歌人は 太字で、100首掲載の歌人は太赤字で示しました。. あ. 赤染衛門(20) 秋園古香(8) 安貴王(4) 商長首麻呂(1) 浅井長政(1) 朝倉義景(1) 麻田陽春(2) 足利直義(3) 足利尊氏(13) 足利 ...

紀貫之 山部赤人 源当純