紀貫之 墓所

紀貫之 墓所

紀貫之 墓所



紀 貫之(き の つらゆき)は、平安時代前期から中期にかけての貴族・歌人。下野守・紀本道の孫。紀望行の子。官位は従五位上・木工権頭、贈従二位。『古今和歌集』の選者の一人で、三十六歌仙の一人。

 · 平安時代を代表する歌人で、三十六歌仙のひとり紀貫之(きのつらゆき)。905(延喜5)年、醍醐天皇の命により初の勅撰和歌集となる『古今和歌集』を紀友則らとともに撰上。土佐守の任を終えた際の道中紀行『土佐日記』でも知られますが、945(天慶8)年に没して、比叡山山中の裳立山(も ...

検索に移動 凡例紀貫之紀貫之(菊池容斎・画、明治時代)時代平安時代前期 - 中期生誕貞観8年(866年)または貞観14年(872年)頃?死没天慶8年5月18日(945年6月30日)?改名阿古久曽(幼名)→貫之墓所滋賀県大津市比叡山中腹の裳立山官位従五位上・木工権頭、贈従二位主君醍醐天皇→朱雀天皇 ...

紀貫之の墓 . 貫之の墓は、比叡山延暦寺東塔から、坂本側に少し下がった"裳立山(もたてやま)"にある。叡山鉄道の東塔"延暦寺駅"をケーブルで1分ほど下がった"もたて山"という駅が、最寄りの駅になる。

紀貫之さんは0945年に亡くなりました。このページでおまいりができます。

紀貫之 墓所 ⭐ LINK ✅ 紀貫之 墓所

Read more about 紀貫之 墓所.

2
3
4
5
6

Comments:
Guest
Don't give someone a piece of your mind unless you're ready to live with what's left.
Guest

We do not inherit the Earth from our ancestors--we borrow it from our children.

Guest
A friend is long sought, hardly found and with difficulty kept.
Calendar
MoTuWeThFrStSu