火車 宮部みゆき 小説

火車 宮部みゆき 小説

火車 宮部みゆき 小説



『火車』(かしゃ)は、宮部みゆきのミステリー小説、およびそれを原作としたテレビドラマ作品、映画作品。

宮部みゆきさんの作品は時代小説を除いて何冊か読んでいますが、代表作ながら未読であった火車を年末年始の休みに手にとりました。 内容について展開は面白いのですが、代表作という割には物足りない感じがしました。

宮部みゆき「火車」あらすじと感想 28歳の美しい女性が、突然姿を消してしまった、婚約者の栗坂和也を残して・・ この「火車」は、行方不明の女性が一人と、彼女に成り代わっていた女性が一人いるだけのできごとを、怪我をして休職中の刑事、本間俊介 ...

 · このミステリーがすごい!ベスト・オブ・ベスト国内編第1位、東西ミステリーベスト100国内編第5位の傑作ミステリー『火車』(宮部みゆき)のネタバレ感想です。

小説:火車/宮部みゆき. 休職中の刑事、本間俊介は遠縁の男性に頼まれて彼の婚約者、関根彰子の行方を捜すことになった。自らの意思で失踪、しかも徹底的に足取りを消して――なぜ彰子はそこまでして自分の存在を消さねばならなかったのか? いったい ...

サスペンス 宮部みゆき『火車』あらすじとネタバレ感想!失踪した婚約者は別人?

 · 宮部みゆきさんの小説「火車」を読了したのでネタバレ感想記事です。 本作は文庫本にして700p近くありましたが長さを感じることは全くなく読めば読むほど引き込まれていきました。

この冬休みにも何冊か本を読みました。 この読書生活の中で、もっともガツンときた本が宮部みゆきの『火車』。基本、ミステリーは苦手で謎解きにもさほど興味はありません。だから「伏線の回収がお見事」とか「トリックが秀逸」とか「終盤で何度も物語がひっくり返る」と言われても ...

火車 宮部みゆき 小説 ⭐ LINK ✅ 火車 宮部みゆき 小説

Read more about 火車 宮部みゆき 小説.

7
8
9
10
11
12

Comments:
Guest
Do not neglect to show hospitality to strangers, for thereby some have entertained angels unawares.
Guest

A truth that's told with bad intent beats all the lies you can invent.

Guest
When a pessimist has nothing to worry about, he worries about why he has nothing to worry about.
Calendar
MoTuWeThFrStSu