清少納言 紫式部 したり顔で 漢文

Feby 8, 2020
清少納言 紫式部 したり顔で 漢文

清少納言 紫式部 したり顔で 漢文

「枕草子」を書いた清少納言と、「源氏物語」を書いた紫式部は、お互い仲が悪かったという話をどこかで聞いたことがあるような気がするのですが、それは本当でしょうか。調べてみました。

紫式部(むらさきしきぶ、生没年不詳)は、平安時代中期の女性 作家、歌人。 正確な誕生年は特定できないが、近年の研究では、970年(天禄元年)から978年(天元元年)の間に生まれ、1019年(寛仁三年)までは存命したとされる 。 「源氏物語」の作者とされ、藤原道長の要請で宮中に上がっ ...

古典シリーズをお待ちかねの皆さん、大変お待たせいたしました。 今日も古文編を書いていきたいと思います。 今日は前回言ったとおり紫式部日記より和泉式部と清少納言を お送りいたしますよ。 日記だけに愚痴はつき物、清少納言なんかは意識してか 批判している部分が多々あります。

「黒=原文」・「 青=現代語訳 」 解説・品詞分解はこちら紫式部日記『和泉式部と清少納言』解説・品詞分解(1). 和泉式部 (いずみしきぶ) といふ人こそ、おもしろう書きかはしける。. 和泉式部という人は、趣深く手紙をやり取りした(人です)。

『紫式部日記』和泉式部と清少納言 の超現代語訳. 和泉式部という人は、楽しいやりとりが続いた人です。 ですが、感心しない所もある方でございます。 ちょっと男性関係にルーズと言いますか、何と言い …

紫式部は得意げに漢字を使う清少納言を批判したとのことですが、紫式部は源氏物語や紫式部日記を漢字を用いず平仮名だけで書いたのでしょうか? そんなわけありません。清少納言への悪口部分のみがクローズアップされがちで...

紫式部と清少納言は互いにライバル意識があったと思いますか? 後2人が顔を合わす機会はあったと思いますか? 清少納言が一条天皇の皇后・藤原定子に仕えていたのは、定子が兄・伊周、弟・隆家らの不祥事に巻き込ま...

清少納言に夫をバカにされてブチ切れる 紫式部と清少納言は同時代の作家ですが、宮廷にいた時期がかぶっていないので顔見知りではなかったと ...

紫式部が書いた日記「紫日記」の原文(書かれた時のままの状態の文のこと) 清少納言こそ、したり顔にいみじうはべりける人。さばかりさかしだち、真名書き散らしてはべるほども、よく見れば、まだいと足らぬこと多かり。

清少納言と、同時代の『源氏物語』の作者・紫式部とのライバル関係は、後世盛んに喧伝された。 しかし、紫式部が中宮彰子に伺候したのは清少納言が宮仕えを退いてからはるか後のことで、2人は一面識さえないはずである 。 紫式部が『紫式部日記』(『紫日記』)で清少納言の人格と業績 ...

清少納言 紫式部 したり顔で 漢文