清少納言 清少納言

清少納言 清少納言

清少納言 清少納言



清少納言(せい しょうなごん、康保3年頃〈966年頃〉 - 万寿2年頃〈1025年頃〉)は、平安時代中期の女流作家、歌人。随筆『枕草子』は平安文学の代表作の一つ。本名は清原 諾子(きよはら の なぎこ)とされている 。

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典 - 清少納言の用語解説 - [生]康保3(966)頃[没]万寿2(1025)頃平安時代中期の女流歌人。『枕草子』の作者。歌人の家柄に生れ,父は『後撰集』の撰者清原元輔。橘則光,藤原棟世 (むねよ) らと結婚,橘則長,小馬命婦らを産んだと推定される。

清少納言せいしょうなごん清少納言 枕草子絵巻 鎌倉時代誕生未詳死没未詳職業作家、歌人言語日本語国籍日本活動期間990年代 - 1000年代ジャンル随筆代表作『枕草子』配偶者橘則光藤原棟世子供橘則長小馬命婦親族父・清原元輔 ウィキポータル 文学テンプレートを表示清少納言(せい しょうな ...

紫式部が源氏物語を書きはじめた頃、才覚を現した清少納言。約300の文章が収められている枕草子は、季節や自然の移ろい、人びとの思いなどを書いた随筆として知られる。

清少納言の後半生については不明な点が多く、宮中をやめたのち再婚したという説や、晩年に没落したとする伝説(「清女伝説」)が存在します。断片的な記録から、清少納言が宮仕えを終えたあとの人生模様をまとめました。

清少納言 清少納言 ⭐ LINK ✅ 清少納言 清少納言

Read more about 清少納言 清少納言.

6
7
8
9
10
11

Comments:
Guest
The most important ability is availability.
Guest

By the time somebody decides to make a long story short, it's already too late.

Guest
By the time somebody decides to make a long story short, it's already too late.
Calendar
MoTuWeThFrStSu