江戸川 乱歩 谷崎 潤一郎

江戸川 乱歩 谷崎 潤一郎

江戸川 乱歩 谷崎 潤一郎



谷崎 潤一郎(たにざき じゅんいちろう、1886年(明治19年)7月24日 - 1965年(昭和40年)7月30日)は、日本の小説家。明治末期から第二次世界大戦後の昭和中期まで、戦中・戦後の一時期を除き終生旺盛な執筆活動を続け、国内外でその作品の芸術性が高い評価を得た。

初期は

初期は

そして、江戸川乱歩は勿論、ポオを好んで敬愛していた訳であるのだが、どうやら、日本の作家の中では谷崎潤一郎に最も傾倒していたらしい。 大阪の貿易商は一年ほどで飛び出…

(略)谷崎が「新青年」に「武州公秘話」なんかを書く。あれは、 原稿料がものすごく高かったんだそうだけど、だからこそなおさら 大衆作家と言われたくない。その谷崎にとって、いちばん危険なの は江戸川乱歩だったんだよ。

『春琴抄』『細雪』『痴人の愛』などの作品のイメージが強い谷崎潤一郎がミステリーを書いていた。 それだけで興味をかき立てられます。 ミステリーの手法を駆使した作品は、日本の犯罪小説の原点といわれ、江戸川乱歩にも多大な影響を与えたそうです。

江戸川乱歩は谷崎潤一郎の影響を受けていたそうですが、乱歩の作品には谷崎文学の特徴であるサディズムやマゾヒズムを扱ったものがあるのでしょうか? 『人間椅子』『お勢登場』『踊る一寸法師』なんかが、色濃いと思われる。しかし、個人的には『芋虫』に勝るものはないと存じます。

谷崎潤一郎や江戸川乱歩、中勘助らの作品がパブリックドメインとなり、青空文庫に登場した。

江戸川 乱歩 谷崎 潤一郎 ⭐ LINK ✅ 江戸川 乱歩 谷崎 潤一郎

Read more about 江戸川 乱歩 谷崎 潤一郎.

5
6
7
8

Comments:
Guest
We do not inherit the Earth from our ancestors--we borrow it from our children.
Guest

People who look for the easy way out seem to have trouble finding an exit.

Guest
No man who has caught a big fish goes home through an alley.
Calendar
MoTuWeThFrStSu