江戸川 乱歩 幻影 城

Feby 8, 2020
江戸川 乱歩 幻影 城

江戸川 乱歩 幻影 城

この土蔵を、「頭蓋骨に覆われた乱歩の脳そのもの」と読んだ人がいました。自らを「幻影の城主」と称した乱歩の頭脳の中にあったものは、「幻影城」にほかなりません。当館においても、土蔵を活用し、江戸川乱歩の妖しい世界を再現しました。

Amazonで江戸川 乱歩の江戸川乱歩全集 第26巻 幻影城 (光文社文庫)。アマゾンならポイント還元本が多数。江戸川 乱歩作品ほか、お急ぎ便対象商品は当日お届けも可能。また江戸川乱歩全集 第26巻 幻影城 (光文社文庫)もアマゾン配送商品なら通常配送無料。

江戸川 乱歩(えどがわ らんぽ、旧字体:江戶川 亂步、1894年(明治27年)10月21日 - 1965年(昭和40年)7月28日)は、大正から昭和期にかけて主に推理小説を得意とした小説家・推理作家である。また、戦後は推理小説専門の評論家としても健筆を揮った。実際に探偵として、岩井三郎探偵事務所(ミリオン資料サービス)に勤務していた経歴を持つ。

『幻影城』は江戸川乱歩による探偵小説解説随筆集である。主には海外の推理探偵小説に関する雑感が記されている。終戦直後の当時はまだ洋書を手に入れるのは簡単ではなかったであろうし、当然、洋書なれば外国語で読まなければならない。訳本も存在したであろうが、『幻影城』によれば ...

Amazonで江戸川 乱歩の江戸川乱歩全集 第27巻 続・幻影城 (光文社文庫)。アマゾンならポイント還元本が多数。江戸川 乱歩作品ほか、お急ぎ便対象商品は当日お届けも可能。また江戸川乱歩全集 第27巻 続・幻影城 (光文社文庫)もアマゾン配送商品なら通常配送無料。

日本大百科全書(ニッポニカ) - 幻影城の用語解説 - 江戸川乱歩の推理小説評論集。正編は1951年(昭和26)、その改訂増補版と続編は54年に刊行。著者の推理小説に対する情熱と実作者としての経験に裏打ちされた該博(がいはく)な知識にあふれ、内外を通じても第一級の評論、研究書といえる。

この文書は、江戸川乱歩の評論集「続・幻影城 」に収録されている一記事をそのまま入力したものです。江戸川乱歩作品の著作権は失効しています。 昭和二十八年当時までの推理小説のトリックがまとめられ、分類されています。

作家名: 江戸川 乱歩: 作家名読み: えどがわ らんぽ: ローマ字表記: Edogawa, Ranpo: 生年: 1894-10-21: 没年: 1965-07-28

江戸川乱歩『幻影の城主』 31p 乱歩のこのうそぶきは、完全に幻影の世界に入りきった作家にはできない。幻影の脆さを自覚し、片足を生活に付けながらも幻想を求め続ける。それが江戸川乱歩の作家性の一筋縄ではいかないところで、面白さだと私は思う。

「乱歩ぱい」 名張市箕曲中村81: 0595-63-2397: 9:00am〜6:30pm: 御菓子司 星安 「幻影城」 ※こちら商品に限り要予約: 名張市上八町1486-10: 0595-63-5050 (0595-63-6841) 9:00am〜7:00pm 年中無休(元旦を除く) 山本松寿堂: 乱歩煎餅 「二銭銅貨」 名張市中町372-1: 0595-63-0205 ...

江戸川 乱歩 幻影 城