村上 春樹 読書

村上 春樹 読書

村上 春樹 読書



村上 春樹(むらかみ はるき、1949年1月12日 - )は、日本の小説家、文学翻訳家。 京都府京都市伏見区に生まれ、兵庫県西宮市・芦屋市に育つ。早稲田大学在学中にジャズ喫茶を開く。1979年、『風の歌を聴け』で群像新人文学賞を受賞しデビュー。

1987年発表の『ノルウェイの森』は2009年時点で上下巻1000万部を売るベストセラーとなり 、これをきっかけに村上春樹ブームが起きる。その他の主な作品に『羊をめぐる冒険』、『世界の終りとハードボイルド・ワンダーランド』、『ねじまき鳥クロニクル』、『海辺のカフカ』、『1Q84』などがある。

1987年発表の『ノルウェイの森』は2009年時点で上下巻1000万部を売るベストセラーとなり 、これをきっかけに村上春樹ブームが起きる。その他の主な作品に『羊をめぐる冒険』、『世界の終りとハードボイルド・ワンダーランド』、『ねじまき鳥クロニクル』、『海辺のカフカ』、『1Q84』などがある。

 · 村上春樹とノーベル文学賞を巡る問題でまず押さえていただきたいのは、それが空論であるということだ。「なぜ取れないのか?」と問うために ...

村上春樹さんのファンなので、作者のことを何も知らないで、ただただ春樹さんが好きな作家なら読みたい!と購入しました。とても不思議な感覚と細かなリアリティのある描写が混在していて、新しい春樹ワールドのようでした。

「村上春樹ワールド」というしかない。 彼の本を一言でいうと、とにかく他の人にはまねできない。多分この人の本を読んだ事ある人はわかってくれると思いますが、彼の作品は「村上春樹ワールド」としか言いようがありません。

「やがて哀しき外国語」という本を読んだ。村上春樹がアメリカ滞在中に感じたことを書いたエッセイ集。 村上春樹がアメリカに滞在しているタイミングでパールハーバーから50年の年となってしまい、アメリカに居づらかったというのは納得できた。と同時に、村上春樹自身はパールハーバー ...

村上春樹さんがジャズ喫茶をしていた時に大切にしていた「哲学」は何ですか?という読者からの質問。この返答が興味深いです。 (村上春樹)お客の全員に気に入られなくてもかまわない、というのが僕の哲学でした。店に来た十人のうち三人が気に入っ ...

村上 春樹 読書 ⭐ LINK ✅ 村上 春樹 読書

Read more about 村上 春樹 読書.

9
10
11

Comments:
Guest
A bad habit is nothing more than a mistake repeated.
Guest

If the grass is greener in the other fellows yard, let him worry about cutting it.

Guest
How come an educational system that put so much emphasis on penmanship produced so many doctors?
Calendar
MoTuWeThFrStSu