村上 春樹 在住

Feby 8, 2020
村上 春樹 在住

村上 春樹 在住

村上 春樹(むらかみ はるき、1949年1月12日 - )は、日本の小説家、文学翻訳家。 京都府京都市伏見区に生まれ、兵庫県西宮市・芦屋市に育つ。早稲田大学在学中にジャズ喫茶を開く。1979年、『風の歌を聴け』で群像新人文学賞を受賞しデビュー。

1987年発表の『ノルウェイの森』は2009年時点で上下巻1000万部を売るベストセラーとなり 、これをきっかけに村上春樹ブームが起きる。その他の主な作品に『羊をめぐる冒険』、『世界の終りとハードボイルド・ワンダーランド』、『ねじまき鳥クロニクル』、『海辺のカフカ』、『1Q84』などがある。

1987年発表の『ノルウェイの森』は2009年時点で上下巻1000万部を売るベストセラーとなり 、これをきっかけに村上春樹ブームが起きる。その他の主な作品に『羊をめぐる冒険』、『世界の終りとハードボイルド・ワンダーランド』、『ねじまき鳥クロニクル』、『海辺のカフカ』、『1Q84』などがある。

2016年の熊本地震から4年を前に2月22日、世界的人気作家の村上春樹さんが熊本市内で開かれたトークイベントに登場。村上さんは、編集者で ...

私も藤沢在住ということで、ファンの作家さんが以前自分の住んでいる土地に住んでいた、という事実は、なかなか心愉しいものです。 他の著作でもいくつか藤沢に触れているものもあり、そのあたりをまとめてみたいと思います。 村上春樹 雑文集

村上春樹も絶賛したというサンドイッチ. 2fの喫茶で食べられる「今まで食べたサンドイッチで一番美味しい!」と、感動したサンドイッチがこちら。 ※テイクアウトでも販売しています。 ミックスサンド …

村上春樹の新作「猫を棄てる」(文藝春秋)を読んだ。春樹さんがお父さんのことを書いたエッセイ。タイトルは春樹さんが兵庫県在住だっな小学生時代、お父さんと成長して飼えなくなった猫を海に棄てに行く話から。そんなに文量がないのですぐ読める。

村上春樹のデンマーク語の翻訳者、メッテ・ホルム。 20年以上村上春樹の翻訳を手がけるメッテはデビュー小説『風の歌を聴け』の翻訳を手掛ける。 メッテはより村上春樹の世界に近づくため日本を訪れる故郷の芦屋、そして小説で描写されている東京をさまよう。

村上 春樹 在住