村上 春樹 ドストエフスキー

村上 春樹 ドストエフスキー

村上 春樹 ドストエフスキー



村上春樹は、そういったドストエフスキーの多声性(ポリフォニー)を持つ小説を目標としているようです。 お気に入り 詳細を見る ロング・グッドバイ

一方のドストエフスキーは、19世紀後半のロシア小説を代表する文豪。沼野先生が、村上春樹と並んで彼の名を挙げた理由はなぜか。 「それは、ドストエフスキーの作品が翻訳を通じて多くの日本人に読まれ、絶大な影響を与えているからです。

村上 春樹(むらかみ はるき、1949年 1月12日 - )は、日本の小説家、文学 翻訳家。. 京都府 京都市 伏見区に生まれ、兵庫県 西宮市・芦屋市に育つ。 早稲田大学在学中にジャズ喫茶を開く。 1979年、『風の歌を聴け』で群像新人文学賞を受賞しデビュー。 1987年発表の『ノルウェイの森』は2009年 ...

村上春樹、カフカ、ドストエフスキー、セルバンテス、夏目漱石の現実との接続について 作者: ヤマダヒフミ 文学という領域では、メタファーという事が重要になってくる、と最近考えていた。

それをもし村上春樹や太宰治、ドストエフスキーやコナン・ドイルが書いたらどうなるかというパロディである。 登場するのは人物ばかりではない。

かつて、村上春樹はドストエフスキーの「カラマーゾフの兄弟」を理想の作品と述べて、いつか書けたらと思っていた。 そして、そのために一人称を捨て、三人称の作品にチャレンジしはじめた(「アフターダーク」がその試みの最初かな)しかし、あまり ...

 · ガブリエル・ガルシア=マルケスと村上春樹は若い頃、ドストエフスキーの愛読者だった。おそらく、文豪を認めなかった作家はウラジーミル・ナボコフくらいのものだろう。

 · 村上春樹が「人生で最も影響を受けた3冊のうちの1冊」と語っているのが、ドストエフスキーの『カラマーゾフの兄弟』。 粗野で好色きわまりない父親のフョードル・カラマーゾフとミーチャ、イワン、アリョーシャの3兄弟が妖艶な美女をめぐって葛藤を ...

フョードル・ミハイロヴィチ・ドストエフスキー(ロシア語: Фёдор Миха́йлович Достое́вский; IPA: [ˈfʲɵdər mʲɪˈxajləvʲɪtɕ dəstɐˈjɛfskʲɪj] 、1821年 11月11日〔ユリウス暦10月30日〕 - 1881年 2月9日〔ユリウス暦1月28日〕)は、ロシアの小説家・思想家である 。

村上 春樹 ドストエフスキー ⭐ LINK ✅ 村上 春樹 ドストエフスキー

Read more about 村上 春樹 ドストエフスキー.

7
8
9
10
11
12

Comments:
Guest
Children who could be seen and not heard have been replaced by those who can be heard even when they're out of sight.
Guest

The biggest problem with perfection is what to do with all the unused erasers

Guest
There is no great success without great commitment.
Calendar
MoTuWeThFrStSu