文豪 川端 康成

文豪 川端 康成

文豪 川端 康成



川端 康成(かわばた やすなり、1899年(明治32年)6月14日 - 1972年(昭和47年)4月16日)は、日本の小説家、文芸評論家。大正から昭和の戦前・戦後にかけて活躍した近現代日本文学の頂点に立つ作家の一人である。1968年、ノーベル文学賞受賞。

出身。

出身。

45年前の1972年4月16日、日本人初のノーベル賞作家となった川端康成が、神奈川県逗子市のマンションで自殺しました。遺書はなく、いまも謎とされる自殺の理由。文豪の足跡をたどります。

川端康成(Wikipediaより) 1968年にノーベル文学賞を受賞した日本有数の文豪、川端康成氏が自ら命を絶ったマンションの一室が事故物件として売り ...

文/柿川鮎子 ノーベル文学賞を受賞した川端康成(1899~1972年)は、近現代日本文学の頂点ともいうべき人物ですが、愛犬家文豪としても知られていました。たくさんの犬を自宅で繁殖させてきた経験から、「愛犬家心得」という犬の飼育に関する文章を残しています。

 · 三島由紀夫と川端康成。文豪2人の自殺の原因に「新事実」が浮かんでいる。先月(2019年1月)、スウェーデン・アカデミーが半世紀前のノーベル ...

川端康成のふるさと、大阪府茨木市にある「川端康成文学館」。ファンだけでなく、作品をあまり読んだことがない人でも文豪と称される川端を身近に感じられ、より深く知りたいという気持ちが湧いてくる文学館です。『雪国』で広く知られるノーベル文学賞作家の意外な子供時代を訪ねてみ ...

<川端康成が愛した温泉宿> 大正7(1918)年、19歳の川端が伊豆を旅した時の実体験を元に書かれた『伊豆の踊子』。 この旅以来、川端は湯本館を毎年のように訪れ大正11(1922)年に作品を執筆、半年~1年以上滞在することもあった。

 · 【川端康成】(1899~1972) その川端康成は極端に寡黙な人で、友人がたずねてきたときは2時間一言も喋らず、相手が気詰まりして帰ろうとしたら「まだいいじゃないか」と一言。 川端康成が金に困った時の事。

川端康成が名作「伊豆の踊り子」を執筆したと言われているのが、この「湯本館」。明治5年創業の老舗旅館です。古くから源泉掛け流し温泉の名所として愛されており、現在もこの温泉を目的に訪れる方が …

文豪 川端 康成 ⭐ LINK ✅ 文豪 川端 康成

Read more about 文豪 川端 康成.

7
8
9
10
11

Comments:
Guest
Everything has its beauty--but not everyone sees it.
Guest

An optimist is a person who sticks on the stamp before addressing the envelope.

Guest
When high school kids wear rags today, we call it self-expression--When I was young and dressed this way, we called it the Depression.
Calendar
MoTuWeThFrStSu