川端 康成 舞姫

川端 康成 舞姫

川端 康成 舞姫



『舞姫』(まいひめ)は、川端康成の長編小説。川端が作中で初めて「魔界」という言葉を用いた作品である 。夢を諦めた元プリマ・ドンナの一家の孤独な人間関係を描いた物語。過去の舞姫の母から夢を託された娘、妻の財産にたかっている守銭奴の夫、親や国に対して冷めている息子、優柔不断な元恋人、といった無力感に取り巻かれた関係性の中に、敗戦後の日本で崩壊してゆく「家」と、美や充足を追い求め「乱舞」する人間の永劫回帰の孤独な姿が描かれている 。1951年(昭和26年)8月17日には、

Amazonで康成, 川端の舞姫 (新潮文庫)。アマゾンならポイント還元本が多数。康成, 川端作品ほか、お急ぎ便対象商品は当日お届けも可能。また舞姫 (新潮文庫)もアマゾン配送商品なら通常配送無料。

舞台の夢をあきらめた過去の舞姫波子と、まだプリマドンナにならない未来の舞姫品子の母子。もとは妻の家庭教師であり、妻にたかって生きてきた無気力なエゴイストの夫矢木と両親に否定的な息子高男。たがいに嫌悪から結びついているよう

舞姫 (川端康成) 作品評価・研究 『舞姫』は川端文学の中ではあまり注目度は高くはないが、のちの川端の重要モチーフとなる〈魔界〉というものを意識し始めた作品として、言及されることが多い[12]。しか …

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/11/06 13:51 UTC 版) 『舞姫』(まいひめ)は、川端康成の長編小説。 川端が作中で初めて「魔界」という言葉を用いた作品である 。 夢を諦めた元プリマ・ドンナの一家の孤独な人間関係を描いた物語。 過去の舞姫の母から夢を託された娘 ...

川端/康成 1899(明治32)年、大阪生れ。東京帝国大学国文学科卒業。一高時代の1918(大正7)年の秋に初めて伊豆へ旅行。以降約10年間にわたり、毎年伊豆湯ケ島に長期滞在する。菊池寛の了解を得て’21年、第六次「新思潮」を発刊。

川端 康成 舞姫 ⭐ LINK ✅ 川端 康成 舞姫

Read more about 川端 康成 舞姫.

8
9
10
11

Comments:
Guest
Forget the troubles that passed away, but remember the blessings that come each day.
Guest

The smallest deed is better than the greatest intention.

Guest
A bad habit is nothing more than a mistake repeated.
Calendar
MoTuWeThFrStSu