川端 康成 生命 の 樹

川端 康成 生命 の 樹

川端 康成 生命 の 樹



川端康成「生命の樹」論 : 戦後文学と聖書 長濵 拓磨 キリスト教文学研究 (29), 106-117, 2012

戦時下の川端康成その12基地のみどりと「生命の樹」(いのちのき)基地のみどり鹿屋(かのや)について間もなく、康成は鎌倉の秀子に手紙を書いた。秀子が読むと、「当地の隊読み物殆ど余りなく、特攻隊員も読み物を熱望してゐる。食べるものより心の糧の書物が欲しいとの事」とあった。

体験を背景にした「生命の樹」についての作品 *早稲田大学大学院社会科学研究科 博士後期課程2年 李 聖 傑* ─ 「敗戦のころ」を手がかりに ─ 川端康成における戦争体験について

川端 康成(かわばた やすなり、1899年(明治32年)6月14日 - 1972年(昭和47年)4月16日)は、日本の小説家、文芸評論家。 大正から昭和の戦前・戦後にかけて活躍した近現代日本文学の頂点に立つ作家の一人である。 1968年、ノーベル文学賞受賞。. 大阪府出身。 東京帝国大学 国文学科卒業。

戦時下自己改革の時代その3「生命の樹」(いのちのき)三島由紀夫の批評じつは、「再会」は、雑誌に3回掲載された分量があった。しかし、先述したように、単行本『哀愁』に収載されたとき、第2回目は削除された。以後の全集でも、「再会」は、この単行本版を踏襲している。

川端康成(一八九九~一九七二)は、岡本かの子の小説家デビューに一役買った人物だ。彼がかの子の「生命」観に共感したことがきっかけらしいが、三島由紀夫によれば、川端の「生命」観はその官能性の面でかの子の…

「川端康成「生命の樹」と『婦人文庫』という場―かつての『少女の友』読者の戦後―」芸文研究第百九号第一分冊,2015年12月 「単行本『哀愁』の構造―川端康成の戦前/ 戦後再考にむけて」川端文学への視界29,2014年6月

川端康成における言語の到達不可能性について ─ 1 ─ 要 旨 川端康成は、言語が世界を十全に表現できるとは考えて リのところで、可能な限り世界を表現することを心掛けた真っ向から対峙することはな …

序章 川端康成研究史と本論の視座 1 はじめに 周知のように,日本人初のノーベル文学賞受賞作家の川端康成は,1972 年4 月16 日に ガス自殺を遂げた(1)。なぜ川端康成は文学の栄光の絶頂で自殺したのだろうか,という強い

川端 康成 生命 の 樹 ⭐ LINK ✅ 川端 康成 生命 の 樹

Read more about 川端 康成 生命 の 樹.

7
8
9

Comments:
Guest
Tact is the ability to close your mouth before someone else wants to.
Guest

Truth has only to change hands a few times to become fiction.

Guest
Out of the mouths of babes come things parents never should have said.
Calendar
MoTuWeThFrStSu