川端 康成 文章

Feby 8, 2020
川端 康成 文章

川端 康成 文章

『文章読本』(ぶんしょうどくほん)は、谷崎潤一郎が読者向けに文章の書き方、読み方を分かりやすく記した文章講座の随筆集。川端康成や三島由紀夫をはじめ、他の作家も同じタイトルを踏襲した文章講座をそれぞれ出版している。本項ではおもに谷崎潤一郎、川端康成、三島由紀夫の『文章読本』について述べる。

『文章読本』(ぶんしょうどくほん)は、谷崎潤一郎が読者向けに文章の書き方、読み方を分かりやすく記した文章講座の随筆集。川端康成や三島由紀夫をはじめ、他の作家も同じタイトルを踏襲した文章講座をそれぞれ出版している。本項ではおもに谷崎潤一郎、川端康成、三島由紀夫の『文章読本』について述べる。

『文章讀本』のタイトルで

『文章讀本』のタイトルで

川端康成がどのような思いで美しい文章や作品を書き上げてきたのか興味のある方は、川端文学と併せて読んでみるのもいいかもしれません。 今回ご紹介した『親友』と、川端康成の珠玉の「青春小説」二編が甦った『遠い旅・川のある下町の話』の2作品 ...

Amazonで川端 康成の新文章読本 (新潮文庫 か 1-17)。アマゾンならポイント還元本が多数。川端 康成作品ほか、お急ぎ便対象商品は当日お届けも可能。また新文章読本 (新潮文庫 か 1-17)もアマゾン配送商品なら通常配送無料。

 · 谷崎潤一郎『文章読本』(中央公論新社)、川端康成『新文章読本』(新潮社)、三島由紀夫『文章読本』(中央公論新社)、丸谷才一『文章読本』(中央公論新社)ほか 新入社員・学生のための文章読本新入社員の文章が全然なっていないという批判を耳にする。

川端 康成(かわばた やすなり、1899年(明治32年)6月14日 - 1972年(昭和47年)4月16日)は、日本の小説家、文芸評論家。 大正から昭和の戦前・戦後にかけて活躍した近現代日本文学の頂点に立つ作家の一人である。 1968年、ノーベル文学賞受賞。. 大阪府出身。 東京帝国大学 国文学科卒業。

Amazonで川端 康成の新文章讀本 (タチバナ教養文庫)。アマゾンならポイント還元本が多数。川端 康成作品ほか、お急ぎ便対象商品は当日お届けも可能。また新文章讀本 (タチバナ教養文庫)もアマゾン配送商品なら通常配送無料。

 · 谷崎潤一郎の文章力って、夏目漱石、芥川龍之介、川端康成、三島由紀夫あたりの作家と比べるとどの程度でしょうか? 谷崎の大ファンで、全集をそろえて隅々まで読みました。長編向きの文章です。息が長いのが特徴。でも、...

川端康成の文章が、どうしても、上手いとも巧いとも美しいとも文豪の手文とも思えない。漱石、鴎外、太宰の筆腕に大敗している様に思える。 一文の切りに舌足らずさが見え、言葉の調子に思考の漏れが浮き出て心が動...

川端康成は日本初のノーベル文学賞作家。鋭い洞察と柔らかな文体で書かれた彼の作品は、今もなお、多くの作家に影響を与えています。時に切なく、時に官能的。そんな美しい文章をとことん味わえる、川端康成の10作品をご紹介します。

川端 康成 文章