川端 康成 文学 賞 茨木 市

Feby 8, 2020
川端 康成 文学 賞 茨木 市

川端 康成 文学 賞 茨木 市

『伊豆の踊子』『雪国』などで親しまれる著名な作家で、昭和43年(1968年)にノーベル文学賞を受賞した川端康成は、幼児期から旧制中学校卒業期まで茨木で暮らし、この時期に文学への志を深めました。 茨木市は「川端康成のゆかりのふるさと」として、多くの市民が川端康成やその文学に ...

川端康成と言えば、代表作の一つ「伊豆の踊子」が有名です。 当時、人気絶頂の三浦友一さん山口百恵さんが共演で映画にもなりました。 1899年に大阪市で生まれましたが、幼児期に両親が亡くなり、 父の実家である、茨木市に移り住むことになりました。

茨木市(大阪府)では、市制施行70周年記念事業として「川端康成青春文学賞」を創設、開催、作品を募集中です。 誰でも応募可能です。 〈趣旨〉 大阪府茨木市は、康成が幼少期から青年期にかけて過ごしたまちであり、今年、市制施行70周年を迎えます。

この文学館は茨木市にゆかりのあるそんな川端康成の文学を多くの人々に親しんでもらおうとオープン。館内に併設されたギャラリーでは、氏の誕生月である6月に「誕生月記念企画展」や茨木市内外で活躍する芸術家たちによる展覧会などを開いている。

川端康成青春文学賞、作品募集中! 広報にも載っていましたよね。 茨木市は、市制施行70周年を迎えることと、2018年が川端康成のノーベル文学賞受賞から50周年にあたることから「川端康成青春文学賞」を創設しました。全国から小説作品を絶賛募集中です。

川端 康成(かわばた やすなり、1899年(明治32年)6月14日 - 1972年(昭和47年)4月16日)は、日本の小説家、文芸評論家。 大正から昭和の戦前・戦後にかけて活躍した近現代日本文学の頂点に立つ作家の一人である。 1968年、ノーベル文学賞受賞。. 大阪府出身。 東京帝国大学 国文学科卒業。

川端康成青春文学賞の募集(茨木市)|更新情報|大阪府の茨木市、高槻市、吹田市で建設業許可申請や産業廃棄物収集運搬等の廃棄物処理の許可申請を中心に業務を行っております。また、その他、会社設立、一般貨物、相続関係の手続きなら行政書士浜田温平事務所にお気軽にご相談 ...

川端康成のふるさと、大阪府茨木市にある「川端康成文学館」。ファンだけでなく、作品をあまり読んだことがない人でも文豪と称される川端を身近に感じられ、より深く知りたいという気持ちが湧いてくる文学館です。『雪国』で広く知られるノーベル文学賞作家の意外な子供時代を訪ねてみ ...

大阪府茨木市は、ノーベル文学賞作家川端康成が幼少期から青年期にかけて過ごしたまちです。 今年、市制施行70周年を迎えるにあたり、川端康成が学んだ教育のまち茨木を全国に広く知っていただくため、記念事業として川端康成青春文学賞を創設しました。

川端 康成 文学 賞 茨木 市