川端 康成 文学 賞 茨木 市

川端 康成 文学 賞 茨木 市

川端 康成 文学 賞 茨木 市



川端康成文学館について ... 年)日本で初めてノーベル文学賞を受賞した川端康成氏の“ゆかりのふるさと”である茨木市は、氏の業績を讃え、それを誇りとして、氏に『茨木市名誉市民』の称号を贈るとともに、多くの市民に川端文学に親しんでもらう ...

『伊豆の踊子』『雪国』などで親しまれる著名な作家で、昭和43年(1968年)にノーベル文学賞を受賞した川端康成は、幼児期から旧制中学校卒業期まで茨木で暮らし、この時期に文学への志を深めました。 茨木市は「川端康成のゆかりのふるさと」として、多くの市民が川端康成やその文学に ...

川端康成青春文学賞 応募状況 更新日:2018年07月19日 市制施行70周年記念事業として「川端康成青春文学賞」を創設し、オリジナルの短編小説を募集したところ、海外を含む全国からたくさんのご応募をいただきました。

概要. 日本人初のノーベル文学賞受賞者である作家・川端康成の業績の顕彰および紹介するために、茨木市に建設された施設で、1985年5月に開館した。 館は市立上中条青少年センターに併設されている。川端は両親と死別後に祖父に引き取られ、3歳から旧制茨木中学校(現大阪府立茨木高等学校 ...

 · 昭和43年(1968)、日本で初めてノーベル文学賞を受賞した川端康成に、茨木市は『茨木市名誉市民』の称号を贈るとともに、川端康成文学館を開館。館内では川端康成の遺影と共に著書、遺品、書簡、原稿、初版本など約400点が展示されている。

茨木市 市民文化部 文化振興課 川端康成文学館〒567-0881 大阪府茨木市上中条二丁目11番25号 電話:072-625-5978 ファックス:072-622-9858 E-mail [email protected] 川端康成文学館のメールフォームはこちらから

<茨木市立川端康成文学館> 川端康成の随筆の中に故郷について書かれたものがあります。「私の村は現在茨木市にはいっている。京都と大阪との中間の山裾の農村で、その山を深く入れば丹波である。

 · 茨木市役所そばの高橋交差点から北へ向かう並木道は「川端通り」と名付けられ、道なりに歩くと十数分ほどで「茨木市立川端康成文学館」が見えてきます。建物正面にある石碑には、先述した随筆「茨木市で」の一文が刻まれています。

川端 康成(かわばた やすなり、1899年(明治32年)6月14日 - 1972年(昭和47年)4月16日)は、日本の小説家、文芸評論家。 大正から昭和の戦前・戦後にかけて活躍した近現代日本文学の頂点に立つ作家の一人である。 1968年、ノーベル文学賞受賞。. 大阪府出身。 東京帝国大学 国文学科卒業。

川端 康成 文学 賞 茨木 市 ⭐ LINK ✅ 川端 康成 文学 賞 茨木 市

Read more about 川端 康成 文学 賞 茨木 市.

7
8
9
10

Comments:
Guest
An obstacle may be either a stepping stone or a stumbling block.
Guest

Always hold your head up, but keep your nose at a friendly level.

Guest
The best attitude to have it gratitude.
Calendar
MoTuWeThFrStSu