小式部内侍 紫式部

小式部内侍 紫式部

小式部内侍 紫式部



小式部内侍(こしきぶ の ないし、長保元年(999年)頃 - 万寿2年(1025年)11月)は平安時代の女流歌人。 掌侍。 女房三十六歌仙の一人。父は橘道貞、母は和泉式部。 母の和泉式部と共に一条天皇の中宮・彰子に出仕した。 そのため、母式部と区別するために「小式部」という女房名で呼ば ...

紫式部(むらさきしきぶ)は、平安時代中期の作家・歌人、女房(女官)。作家としては、日本文学史を代表する一人。正確な誕生年は特定できないが、近年の研究では、天禄元年(970年)から天元元年(978年)の間に生まれ、寛仁3年(1019年)までは存命したとされる 。

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典 - 小式部内侍の用語解説 - [生]?[没]万寿2(1025).11.平安時代中期の女流歌人。父は陸奥守道貞,母は和泉式部。上東門院彰子に仕えた。藤原公成の子を生んでのち,まもなく母に先立って病死。『後拾遺集』以下の勅撰集に入集。

小式部内侍(こしきぶのないし)は平安時代中期の女流歌人です。母・和泉式部と同じく歌才に優れ、後年「女房三十六歌仙」の一人に数えられました。彼女が詠じた和歌はのちに百人一首にも採用されて …

更に和泉式部の娘「小式部内侍」と、紫式部の娘「越後弁」(後に大宰三位)。 何れもその筋の研究者の間で有名な才女連ですが、一般的にはやはり 紫式部と清少納言。更にわたくしの好きな和泉式部で …

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典 - 和泉式部の用語解説 - [生]貞元1(976)頃[没]長元9(1036)頃平安時代中期の女流歌人。父は大江雅致 (まさむね) ,母は平保衡 (やすひら) の娘。父母ともに縁のあった冷泉天皇皇后昌子 (しょうし) のもとに早くから出仕したらしい。

和泉式部というと、冷泉天皇の皇子、為尊親王や敦道親王を恋人にし、多くの情熱的な恋の歌を詠んだことで知られる平安中期の女流歌人です。彼女には、最初の夫、橘道貞との間に娘が一人ありました。そしてその娘も、母に劣らず恋人も多く、その事績は説話文学にもなっています。

コムラサキシキブ(小紫式部)、ムラサキシキブ(紫式部)、シロシキブ(白式部)は、クマツヅラ科・ムラサキシキブ属の低木で、家庭では、コムラサキシキブが、丈が低いことからよく植えられていま …

藤原保昌と再婚した後、娘・小式部内侍に先立たれる 60歳前後で亡くなる 下級貴族の出身でありながら、和泉式部は和歌で人生を切り開いて、 紫式部 と 清少納言 とともに「王朝の三才女」と呼ばれました。

小式部内侍 紫式部 ⭐ LINK ✅ 小式部内侍 紫式部

Read more about 小式部内侍 紫式部.

7
8
9
10
11

Comments:
Guest
It is never too soon to be kind, for we never know how soon it will be too late.
Guest

When I can't handle events, I let them handle themselves.

Guest
If at first you do succeed, hide your astonishment.
Calendar
MoTuWeThFrStSu