寺尾隆吉 安部公房

寺尾隆吉 安部公房

寺尾隆吉 安部公房



寺尾 隆吉(てらお りゅうきち、1971年- )は日本のラテンアメリカ文学研究者・翻訳家。早稲田大学社会科学部教授。博士(学術)(東京大学、2005年)。専門は現代ラテンアメリカ文学

2001年08月-2002年07月: コロンビア・アンデス大学 言語社会文化学科 客員講師: 2002年04月-2005年03月: 日本学術振興会 特別研究員 pd: 2003年01月-2003年12月: ベネズエラ・ロス・アンデス大学メリダ校 文学研究所 客員講師: 2006年04月-2015年03月

寺尾:そうですね。現在、スペイン語圏で日本の作家はよく読まれています。村上春樹が売れて、そこから興味を持った層が、さらに安部公房などを読もうという動きが出ているのだと思います。

researchmap is an information sharing platform for the researchers. researchmap is provided by Japan Science and Technology Agency.

寺尾 隆吉(てらお りゅうきち、1971年- )は日本のラテンアメリカ文学研究者・翻訳家。早稲田大学社会科学部教授。博士(学術)(東京大学、2005年)。専門は現代ラテンアメリカ文学

[翻訳家]寺尾隆吉(てらお・りゅうきち) 1971年、愛知県生まれ。ラテンアメリカ文学研究者、翻訳家。フェリス女学院大学国際交流学部教授。ラテンアメリカ文学の邦訳とともに、安部公房や大江健三郎らのスペイン語翻訳も手がける。 私は翻訳家ですが、出版社からの依頼ではなく、こちら ...

寺尾 隆吉(てらお りゅうきち、1971年- )は日本のラテンアメリカ文学研究者・翻訳家。フェリス女学院大学国際交流学部教授。博士(学術)(東京大学、2005年)。専門は現代ラテンアメリカ文学・大衆文化[1]。愛知県名古屋市生まれ[2]。東京大学大学院総合文化研究科博士課程修了[2]。

私は翻訳家ですが、出版社からの依頼ではなく、こちらから作品を提案し、同意を得た上で邦訳を進めています。また、ラテンアメリカ文学研究 ...

寺尾隆吉著 『ラテンアメリカ文学入門 ボルヘス、ガルシア・マルケスから新世代の旗手まで』 一九六〇~七〇年代に旋風を巻き起こし、世界に強い衝撃をもたらしたラテンアメリカ文学。 その潮流はどのように生まれ、いかなる軌跡をたどったのか。

──寺尾さんは、谷崎とか安部公房をはじめ、日本文学をスペイン語にも訳していらっしゃいます。それにも補助金はあるのですか。 寺尾 付く場合もあります。谷崎の翻訳にも一回はいただいたと思います。

寺尾隆吉 安部公房 ⭐ LINK ✅ 寺尾隆吉 安部公房

Read more about 寺尾隆吉 安部公房.

4
5
6
7
8
9

Comments:
Guest
The best attitude to have it gratitude.
Guest

Marriage is like any other job--it's much easier if you like the boss.

Guest
He who sows courtesy reaps friendship, and he who plants kindness gathers love.
Calendar
MoTuWeThFrStSu