太宰 治 陸橋

太宰 治 陸橋

太宰 治 陸橋



太宰治は、1939(昭和14)年9月から1948(昭和23)年6月まで三鷹で暮らし、「走れメロス」「斜陽」や「人間失格」など、珠玉の名作を数多く世に送り出しました。三鷹市は「太宰が生きたまち・三鷹」と銘打ち、太宰治顕彰事業を行っています。

この陸橋は昭和4年に作られ、 今現在も当時のままの姿を残す大変貴重なもの なのです。 太宰治が歩いたその道、階段と同じところを歩ける場所。 鉄道ファン だけでなく、 太宰治ファン にも一度は訪れていただきたい場所です。

太宰治もここを訪れたらしく、橋のたもとにたたずむ写真が残っています。 現在は小さな子供が喜ぶ場所として親子連れをよく見かけます。電車庫に沢山並ぶ電車や、陸橋の下を通過する特急電車など子供が喜ぶのは当然です。

太宰治ゆかりの地 三鷹 その1 jr三鷹駅に降り立ち、先ず向かったのは線路沿いの西側にある陸橋(跨線橋)。昭和4年に竣工したその当時の姿を 留めています。

途中まで来ると陸橋が見えて来た。いわゆる跨線橋というやつである。 あの太宰治が生前によく訪れていたという陸橋である。これは昭和4年に作られた。 三鷹は太宰治が晩年に過ごした街として有名である。 階段を昇って陸橋に上がってみた。

太宰治は文学好きの中でも熱心なコアファンがいることで有名な稀有の作家。活字離れと言われるこのご時勢で、没後長い歳月がたった今もなお、老若男女、幅広い年代から根強い支持を受けています。39歳で生涯を終えるまでの最期約7年半を暮らした東京・三鷹。

底本:「太宰治全集9」ちくま文庫、筑摩書房 1989(平成元)年5月30日第1刷発行 1998(平成10)年6月15日第5刷発行 底本の親本:「筑摩全集類聚版太宰治全集」筑摩書房 1975(昭和50)年6月~1976(昭和51)年6月 入力:柴田卓治 校正:かとうかおり

太宰治は、昭和14年(1939年)に三鷹に転居したのち、昭和23年(1948年)に玉川上水に入水するまでの約9年間、この地において作家として数々の作品を執筆しました。

JR三鷹駅前は、太宰治の仕事場があった場所です。井の頭公園に近い自宅から、お弁当と原稿用紙、辞書。筆記用具を風呂敷に包んで、太宰は毎日のように、三鷹駅前に通っていました。そんな太宰ゆかりのスポットを散策してみましょう。 今も当時のまま残る、太宰治ゆかりの陸橋 三鷹駅 ...

太宰 治(だざい おさむ、1909年〈明治42年〉6月19日 - 1948年〈昭和23年〉6月13日)は、日本の小説家。. 本名、津島 修治(つしま しゅうじ)。左翼活動での挫折後、自殺未遂や薬物中毒を繰り返しながらも、第二次世界大戦前から戦後にかけて作品を次々に発表。 。主な作品に『走れメロス ...

太宰 治 陸橋 ⭐ LINK ✅ 太宰 治 陸橋

Read more about 太宰 治 陸橋.

2
3
4
5
6

Comments:
Guest
Truth has only to change hands a few times to become fiction.
Guest

People with coughs don't go to the doctor-- They go to the concert.

Guest
Grandchildren are God's way of compensating us for getting old.
Calendar
MoTuWeThFrStSu