太宰 治 自意識

Feby 8, 2020
太宰 治 自意識

太宰 治 自意識

太宰治の「逆行」は「蝶蝶」「盗賊」「決闘」「くろんぼ」の4つの短編から成り、作品集「晩年」に収録されています。それぞれの短編は独立していますが、自意識過剰さ、反発から生じた乱れた人生とその内部にある虚無感という、共通したテーマを見出すことが出来ます。

太宰治って、わかりやすく言うとどんな人だったのでしょうか? 太宰治って、わかりやすく言うとどんな人だったのでしょうか? 自意識に悩み、さらには自意識と格闘したのが、太宰自身、もしくは彼の作 …

小説家の三島由紀夫が太宰治を嫌っていたということは有名な話である。別の記事で、三島由紀夫が太宰に面と向かって「僕は太宰さんの文学は嫌いなんです」と言い放ったエピソードを紹介した。三島由紀夫の太宰治嫌いエピソード「僕は太宰さんの文学が嫌いです

太宰治遺書 『井伏さんは悪人です』 太宰 治(だざい おさむ、 生誕:1909年(明治42年)6月19日 - 死没:1948年(昭和23年)6月13日) 日本の小説家である。本名、津島 修治(つしま しゅうじ)。1936年(昭和11年)に最初の作品集『晩年』を刊行し、1948年(昭和23年)に山崎富栄と共に玉川上水 …

宿命の自意識がすでにみずからを語り始めている。 太宰治という人間がいかにその生涯を作家たるべく宿命づけられていたかということを。 僕は太宰治がその宿命を自覚するに至る精神の軌跡を追いたいと …

『眉山』という太宰治の短編小説があります。 昭和23年、太宰治が自殺する半年ほど前に書かれた作品です。 これを読んで、『人間失格』との共通点や、「恥」の意識、また太宰治の愛人・山崎富栄について思うことがあったので、以下に書いてみます。

小説家の三島由紀夫が太宰治を大嫌いだったという話はよく知られている。三島由紀夫が太宰に面と向かって「僕は太宰さんの文学は嫌いなんです」と言い放ったエピソードはあまりに有名である。これは昭和21年12月のこと、三島が21歳、太宰が37歳の時だ

今年は、作家・太宰治が亡くなって70年になる。誕生日にもあたる6月19日の節目の桜桃忌には、全国から数多くのファンが太宰の眠る東京・三鷹 ...

太宰治の自意識過剰の饒舌体に着目するところから出発し、そのような文体が育まれていく必然性を近代文学の展開の中で明らかにすることに主眼を置いてきた。筑摩書房国語教科書編集委員(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです

太宰 治 自意識