太宰 治 待つ 初出

Feby 8, 2020
太宰 治 待つ 初出

太宰 治 待つ 初出

太宰 治: 作家名読み: だざい おさむ: ローマ字表記: Dazai, Osamu: 生年: 1909-06-19: 没年: 1948-06-13: 人物について: 津軽の大地主の六男として生まれる。共産主義運動から脱落して遺書のつもりで書いた第一創作集のタイトルは「晩年」(昭和11年)という。

備考:「太宰治」の筆名を用いて発表された最初の作品である。この作品が乙種懸賞創作入選となり太宰は5円を得た。 ロマネスク【ロマネスク】 短編小説。 初出:昭和9年12月1日「青い花」。 初収刊本:『晩年』(砂子屋書房)

『女性』(じょせい)は、太宰治の短編小説集。

Amazonで太宰 治の{ProductTitle}。アマゾンならポイント還元本が多数。一度購入いただいた電子書籍は、KindleおよびFire端末、スマートフォンやタブレットなど、様々な端末でもお楽しみいただけます。

太宰 治(だざい おさむ、1909年〈明治42年〉6月19日 - 1948年〈昭和23年〉6月13日)は、日本の小説家。

太宰 治: 作家名読み: だざい おさむ: ローマ字表記: Dazai, Osamu: 生年: 1909-06-19: 没年: 1948-06-13: 人物について: 津軽の大地主の六男として生まれる。共産主義運動から脱落して遺書のつもりで書いた第一創作集のタイトルは「晩年」(昭和11年)という。

生誕110周年 太宰治と筑摩書房 ... 各作品の初版本を底本とし、原稿・初出誌・再録本と厳密に対比校合した。 ... 新郎 十二月八日 律子と貞子 待つ 水仙 正義と微笑 小さいアルバム 花火 帰去来 故郷 禁酒の心 黄村先生言行録 花吹雪 不審庵 「私の一身上に ...

省線のその小さい駅に、私は毎日、人をお迎えにまいります。誰とも、わからぬ人を迎えに。太宰治『待つ』 こいつは厄介な作品である。抽象的というか、形而上的というか、とても思わせぶりで、深読みしようと思えばどこまでも奥深い答えを見つけられてしまう。

太宰治作品(五十音順):収録全集(巻)・新潮文庫表題 小説 (上記全集収録作品を 五十音順 に置き換えた) ・ 本項の全集 は「太宰治全集1~13」( 1998~1999・筑摩 書房発行)。

6月 ⑫待つ 7月 ⑰小さいアルバム 10月 ⑬日の出前 (初出時の作品名は「花火」。『文芸』十月号に発表後、時局に不適との理由で全文削除される) 12月 ⑰禁酒の心. 1943 1月 ⑥故郷 1月 ⑮黄村先生言行録 …

太宰 治 待つ 初出