多和田葉子 群像

多和田葉子 群像

多和田葉子 群像



多和田 葉子 (たわだ ようこ) 誕生 1960年 3月23日(60歳)日本 東京都 中野区: 職業: 小説家 詩人: 言語: 日本語・ドイツ語: 国籍: 日本: 教育: 博士(文学): 最終学歴: チューリヒ大学 大学院博士課程修了: 活 …

多和田葉子インタビュー「離れていても、孤独ではない人間たちの闘争」(聞き手・構成:小澤英実)。 岩川ありさの評論 多和田葉子の「星座小説」――『星に仄めかされて』をめぐって そして 谷口幸代による保存版多和田葉子全作品解題。

多和田葉子のプロフィール:1960(昭和35)年、東京生まれ。早稲田大学文学部卒。1982年、ドイツ・ハンブルクヘ。ハンブルク大学大学院修士課程修了。1991(平成3)年『かかとを失くして』で群像新人賞、1993年『犬婿入り』で芥川賞、2000年

多和田葉子の新連載「星に仄めかされて」 『献灯使』全米図書賞翻訳文学部門受賞記念 アメリカで最も権威のある文学賞「全米図書賞」の翻訳文学部門に多和田葉子氏の「献灯使」(翻訳:マーガレット満谷/初出:「群像」2014年8月号)が選ばれた。

それを多和田葉子は、言葉の秘めた変身可能性――いにしえの遣唐使は灯を献ずる使いとして生まれ変わる――への感応力を存分に発揮することによって、あざやかに実現してみせたのである。

多和田葉子のロングインタビュー「もしも言葉が一枚の巨大な網ならば」(聞き手 小澤英実) ... 「生き方の問題」乗代雄介 (群像2018年6月号) 「藁の王」谷崎由依 (新潮2018年6月号) ...

著:多和田 葉子: 発売日: 2020年05月20日: 価格: 定価 : 本体1,800円(税別) isbn: 978-4-06-519029-6: 判型: 四六変型: ページ数: 354ページ: 初出 『群像』2019年1月号~10月号

響きあう言霊(『多和田葉子ノート』室井光広) 松永美穂 〈創作合評〉 亀山郁夫×安藤礼二×日和聡子. 石原燃「赤い砂を蹴る」(「文學界」六月号) 小林エリカ「脱皮」(「群像」六月号) 井戸川射子「膨張」(「群像」七月号)

収録作品とあらすじ 献灯使(初出は 『群像』2014年8月号) 大きな災厄に襲われてから、日本では鎖国政策が敷かれ、外来語を使ってはいけなくなり、インターネットも自動車も消えてなくなっている。 100歳を過ぎている作家の義郎は、身体が軟弱なひ孫の無名の世話をしながら、仮設住宅で ...

誌名 「群像」 巻号: 第47巻 第7号 別表記 6月特大号: 印刷/発行年月日: 印刷 平成4年/1992年5月5日 発行 平成4年/1992年6月1日: 発行者等: 編集人 渡辺勝夫 発行人 徳島高義 印刷人 藤田弘道 印刷所 凸版印刷 株式会社: 発行所: 株式会社 講談社 (東京都): 総ページ数: 388: 表記上の枚数

多和田葉子 群像 ⭐ LINK ✅ 多和田葉子 群像

Read more about 多和田葉子 群像.

8
9
10
11
12

Comments:
Guest
School is a building that has four walls--with tomorrow inside.
Guest

In the good old days, Uncle Sam lived within his income...and without most of ours.

Guest
Pick your friends, but not to pieces.
Calendar
MoTuWeThFrStSu