多和田葉子 渡部直己

多和田葉子 渡部直己

多和田葉子 渡部直己



渡部 直己(わたなべ なおみ、1952年 2月26日 - )は、日本の文芸評論家。 男性。元早稲田大学文化構想学部文芸・ジャーナリズム論系教授。. 秋山駿、蓮實重彦、平岡篤頼、柄谷行人、金井美恵子、ジャン・リカルドゥー、ロラン・バルトらの影響を強く受ける。 。いわゆる「テクスト論」の ...

タイトル: 面談文芸時評97(ゲスト)多和田葉子(1)線香花火としての皮膚(テクスト) 著者: 渡部 直己: 出版地(国名コード)

[mixi]渡部直己 多和田葉子氏他、講演会 某コミュで発見し、「他でも宣伝してください」と、書かれていましたので、「あんまり日にちがなーい」と、慌ててトピックを立てましたが、よーく見たら、来月の話なのでした(苦笑)。 多和田氏も、渡部氏の著作の

私はほかならぬこのRealkyotoで渡部直己 ... な選評が目立つし、本来そのような熱狂のストッパーになるべき選考委員の高橋源一郎や多和田葉子もたいして機能していない(ちなみに高橋は一九八〇年代に、それこそ「美しい顔」のような饒舌を断ち切られた ...

多和田葉子著書・著作・同時代批評一覧 この書誌は近畿大学大学院在籍中に出版した同人誌『Criticism』2号(1998年)に掲載したものである。同誌は現在では見ることがほぼ不可能であるため、ここに再掲載した。

渡部は子供時分の初めての読書体験が『次郎物語』だったと自虐的に語っていたがこれに思わずクスッと笑ってしまった。 前述のように文壇の作家の多くを斬って捨てる一方で渡部が評価する作家には、山本昌代・多和田葉子・笙野頼子・阿部和重等がいる。

[mixi]渡部直己 「初めまして」シリーズ ようこそ、お越しくださいました! 初めまして。 管理人の「しのぶん」です。 渡部直己氏のコミュを検索しましたが、なかったので、では、つくっちゃおうと思い立ちました。そのうちに、以前はコミュがあったの

1. 多和田葉子『三人関係』 2. ロバート・m・パーシグ『禅とオートバイ修理技術 価値の探求』 3. 渡部直己『現代文学の読み方・書かれ方』 4. 山中恒・山中典子『間違いだらけの少年h』 5. 西澤保彦『依存』 6. 北野勇作『かめくん』 7.

多和田葉子さんの公式website とっても芸術的なサイトです。多和田さんの美的感覚って凄いや。 でもちょっとブラウザを選ぶかも。読み方にコツがあるし、コピーや印刷も悩ましい。 なんのことはない、多和田さんの書くテキストと同じですね。

多和田葉子 渡部直己 ⭐ LINK ✅ 多和田葉子 渡部直己

Read more about 多和田葉子 渡部直己.

3
4
5
6
7
8

Comments:
Guest
We do not inherit the Earth from our ancestors--we borrow it from our children.
Guest

The easiest way to find something you've lost is to buy a replacement.

Guest
The road to success is dotted with many tempting parking places.
Calendar
MoTuWeThFrStSu