坪内 逍遥 賞

坪内 逍遥 賞

坪内 逍遥 賞



早稲田大学坪内逍遙大賞(わせだだいがくつぼうちしょうようたいしょう)は、早稲田大学が主催する、文芸・文化・芸術のための賞である。早稲田大学文学科の創設者坪内逍遙の名を冠している(当時は東京専門学校)。隔年で実施され、大賞と奨励賞の各一名ずつ選出される。

坪内逍遙の業績の顕彰と演劇文化の発展を目指した賞として、毎回演劇界で活躍した人々が受賞されていま す。 この「 美濃加茂市坪内逍遙大賞 」は、 2004年度の第10回までは毎年選考が行われてきましたが、それ以後は隔年の授賞と いうことになりました。

坪内逍遙大賞(つぼうちしょうようたいしょう)は、美濃加茂市と早稲田大学が主催する賞である。 1994年に美濃加茂市が市制40周年を記念して設立し、2007年に美濃加茂市は早稲田大学と文化交流協定を結び、以来美濃加茂市と早稲田大学が毎年交代で開催している。

 · 岐阜県美濃加茂市は、市主催の第18回坪内逍遥大賞に俳優の白石加代子さん(78)を選んだ。授賞式は来年1月20日に「みのかも文化の森 美濃加茂 ...

出版卸のトーハンが運営するオンライン書店e-honの文学賞ページです。新聞やテレビで紹介された文学賞の情報を、整理してストックしています。ぜひ、ご覧ください。

坪内 逍遥(つぼうち しょうよう、旧字体:坪內逍遙、1859年 6月22日(安政6年5月22日) - 1935年(昭和10年)2月28日)は、日本の小説家、評論家、翻訳家、劇作家。 小説家としては主に明治時代に活躍した。 代表作に『小説神髄』『当世書生気質』およびシェイクスピア全集の翻訳があり、近代 ...

 · 習慣になったスポーツは、明治の文豪・坪内逍遥が英語のカルチャーを和訳した単語「文化」に近い立場にあるが、かといって、習慣を続ける ...

8年ドイツのシャミッソー文学賞。15年「容疑者の夜行列車」で伊藤整文学賞,谷崎潤一郎賞。21年坪内逍遥大賞。23年「尼僧とキューピッドの弓」で紫式部文学賞。同年「雪の練習生」で野間文芸賞。

平田オリザが読む ここで一度だけ、時間を遡(さかのぼ)らせていただきたい。 一八八四年、二十代半ばにしてシェークスピアの『ジュリアス・シーザー』の翻訳を出版した坪内逍遥は、翌八五年、評論『小説神髄』を発表する。 「小説の主脳は人情なり...

坪内逍遥による第一次「早稲田文学」は1898年まで続き、休刊を挟んで1905年には島村抱月の牽引によって第二次「早稲田文学」が始まりました。 以降、時代の変遷と共に休復刊を重ねつつ、内容や形式を変えながら、日本における文学の理解、普及を目標と ...

坪内 逍遥 賞 ⭐ LINK ✅ 坪内 逍遥 賞

Read more about 坪内 逍遥 賞.

3
4
5
6
7
8

Comments:
Guest
School is a building that has four walls--with tomorrow inside.
Guest

Fear of becoming a has-been keeps some people from becoming anything.

Guest
The prevailing attitude these days seems to be if you don't finish first, you're last.
Calendar
MoTuWeThFrStSu