伊藤 初代 川端 康成 父

Feby 8, 2020
伊藤 初代 川端 康成 父

伊藤 初代 川端 康成 父

伊藤 初代(いとう はつよ、1906年(明治39年)9月16日 - 1951年(昭和26年)2月27日)は、川端康成の元婚約者。15歳の時に22歳の川端と婚約し、その1か月後に突然婚約破棄を告げた女性である 。

その事件による失意が川端の生涯の転機となり、様々な作品に深い影響を与えたことで知られる 。川端の永遠に満たされることのなかった青春の幼い愛は、清潔な少女への夢や、聖処女の面影への憧憬を残し、孤児の生い立ちの克服という命題と融合しながら独自の基盤をなして、川端文学の形成に寄与した 。

その事件による失意が川端の生涯の転機となり、様々な作品に深い影響を与えたことで知られる 。川端の永遠に満たされることのなかった青春の幼い愛は、清潔な少女への夢や、聖処女の面影への憧憬を残し、孤児の生い立ちの克服という命題と融合しながら独自の基盤をなして、川端文学の形成に寄与した 。

そこで善は急げと、川端康成、鈴木彦次郎、石浜金作、三明永無の4人は、初代の父忠吉に会うため、忠吉が用務員をしている岩手県江刺郡の岩谷堂小学校に向かった。 4人は制服制帽をきちんと着こんで10月15日の夜に東京を出発。

川端 康成(かわばた やすなり、1899年(明治32年)6月14日 - 1972年(昭和47年)4月16日)は、日本の小説家、文芸評論家。 大正から昭和の戦前・戦後にかけて活躍した近現代日本文学の頂点に立つ作家の一人である。 1968年、ノーベル文学賞受賞。. 大阪府出身。 東京帝国大学 国文学科卒業。

^ a b 伊藤初代「川端康成宛ての書簡」(大正10年10月13日付)。恋文 2014, p. 115に掲載 ^ a b c 伊藤初代「川端康成宛ての書簡」(大正10年10月14日付)。恋文 2014, p. 116に抜粋掲載 ^ a b 「川端岩次郎宛ての書簡」(大正10年10月21日付)。補巻2・書簡 1984, pp. 22-23に所収

川端家を訪問 父忠吉死亡 江刺に疎開. 水沢で発病. 2月27日東京で死亡 (法名は貞観大姉) 6月3日鎌倉霊園納骨 【参考文献】 『川端康成の許婚者 伊藤初代の生涯』菊池一夫(平成3年) ...

伊藤 初代 川端 康成 父