仏教説話集 鴨長明

仏教説話集 鴨長明

仏教説話集 鴨長明



【ホンシェルジュ】 「無常観」の考えをもとに鴨長明が書きあげた鎌倉時代前期の名随筆『方丈記』。無常観とはどのようなものなのか、またそれを生み出した時代背景には何があったのでしょうか。この記事では内容を解説するとともに、鴨長明の紹介と、作品をさらに知るためのおすすめ ...

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典 - 鴨長明の用語解説 - [生]久寿2(1155)頃.[没]建保4(1216).閏6.8. 京都鎌倉時代前期の歌人,随筆家。賀茂御祖 (みおや) 神社の禰宜 (ねぎ) 長継の次男。従五位下に叙せられ,南大夫または菊大夫と呼ばれた。琵琶を中原有安に,和歌を俊恵 (しゅんえ) に学ぶ。

中世の仏教説話集。鴨長明の編著。流布本は八巻八冊、異本は五巻五冊である。長明が説話の蒐集に取りかかったのは、出家して、大原の別所にいたころからであろうが、成立の年次は明らかでない。おそらく『方丈記』の書かれた建暦二年(一二一二)よりは後であろう。

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典 - 発心集の用語解説 - 鎌倉時代前期の仏教説話集。鴨長明編。建保2 (1214) 年頃成立か。現存本は8巻,102話を収めるが,原撰本 (3巻か) に増補改変を加えたものらしい。「我が一念の発心を楽しむばかり」 (序) に集めた発心,遁世,往生,因果,身代り ...

鴨長明は、平安時代末、京都は下鴨神社で神職の最高位に就いていた鴨長継の子として生まれました。二十歳前に父が没して後ろ盾を失い、数年後、敵対する親族との後継争いにも敗れてしまいました(この辺りの事情は複雑なので、詳細は略します)。

の仏教思想・時代背景が現れている。夢に神仏が現れて未来の予言を告 筆者は『方丈記』の筆者として知られる鴨長明。仏教説 話集であると同時に随筆的性格も強く表れている。 『 日 に 本ほん 霊りょう 異 い 記 き 』『 三さん 宝ぼう 絵 え 詞ことば ...

仏教説話集 鴨長明 ⭐ LINK ✅ 仏教説話集 鴨長明

Read more about 仏教説話集 鴨長明.

2
3
4
5

Comments:
Guest
School is a building that has four walls--with tomorrow inside.
Guest

Between each dawn and setting sun, set aside some time for fun.

Guest
Talk is cheap, until you talk to a lawyer.
Calendar
MoTuWeThFrStSu