仏教説話集 鴨長明

仏教説話集 鴨長明

仏教説話集 鴨長明



『発心集』(ほっしんしゅう)は、鎌倉初期の仏教 説話集。『方丈記』の作者として知られる鴨長明(1155-1216年)晩年の編著。 建保四年(1216年)以前の成立。「長明発心集」とも。仏の道を求めた隠遁者の説話集で『閑居友』、『撰集抄』などの説話集のみならず、『太平記』や『徒然草 ...

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典 - 発心集の用語解説 - 鎌倉時代前期の仏教説話集。鴨長明編。建保2 (1214) 年頃成立か。現存本は8巻,102話を収めるが,原撰本 (3巻か) に増補改変を加えたものらしい。「我が一念の発心を楽しむばかり」 (序) に集めた発心,遁世,往生,因果,身代り ...

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典 - 鴨長明の用語解説 - [生]久寿2(1155)頃.[没]建保4(1216).閏6.8. 京都鎌倉時代前期の歌人,随筆家。賀茂御祖 (みおや) 神社の禰宜 (ねぎ) 長継の次男。従五位下に叙せられ,南大夫または菊大夫と呼ばれた。琵琶を中原有安に,和歌を俊恵 (しゅんえ) に学ぶ。

【ホンシェルジュ】 「無常観」の考えをもとに鴨長明が書きあげた鎌倉時代前期の名随筆『方丈記』。無常観とはどのようなものなのか、またそれを生み出した時代背景には何があったのでしょうか。この記事では内容を解説するとともに、鴨長明の紹介と、作品をさらに知るためのおすすめ ...

鴨長明 かものちょうめい(1155〜1216) 略歴 鎌倉時代の歌人。久寿二年(1155)〜建保四年(1216)閏6月8日ごろ、62歳。通称、菊太夫。法名蓮胤。下鴨神社の禰宜、長継の次男。 和歌、管弦に …

鴨 長明(かも の ちょうめい、かも の ながあきら)は、平安時代末期から鎌倉時代前期にかけての日本の歌人・随筆家。 俗名は同じだが「読み」がかも の ながあきら。禰宜・鴨長継の次男。 位階は従五位下。 法名は蓮胤。南大夫、菊大夫 とも称される。

中世の仏教説話集。鴨長明の編著。流布本は八巻八冊、異本は五巻五冊である。長明が説話の蒐集に取りかかったのは、出家して、大原の別所にいたころからであろうが、成立の年次は明らかでない。おそらく『方丈記』の書かれた建暦二年(一二一二)よりは後であろう。

の仏教思想・時代背景が現れている。夢に神仏が現れて未来の予言を告 筆者は『方丈記』の筆者として知られる鴨長明。仏教説 話集であると同時に随筆的性格も強く表れている。 『 日 に 本ほん 霊りょう 異 い 記 き 』『 三さん 宝ぼう 絵 え 詞ことば ...

長明はこの頃から本格的に歌作に打ち込み、安元元年(1175)には高松院北面菊合に列席するなどしたが、翌年、後援を得ていた高松院も死去した。養和元年(1181)、家集『鴨長明集』を自撰(養和二年説も …

法然上人当時の宗教的心性について―鴨長明『発心集』を中心に― 吉田淳雄「法然上人当時の宗教的心性について―鴨長明『発心集』を中心に―」(大正大学浄土学研究会編『丸山博正教授古稀記念論集 浄土教の思想と歴史』所収)、山喜房佛書林、2005年 剳記一覧 :: 南山剳記 【服部 洋介 ...

仏教説話集 鴨長明 ⭐ LINK ✅ 仏教説話集 鴨長明

Read more about 仏教説話集 鴨長明.

2
3
4
5

Comments:
Guest
School is a building that has four walls--with tomorrow inside.
Guest

Between each dawn and setting sun, set aside some time for fun.

Guest
Talk is cheap, until you talk to a lawyer.
Calendar
MoTuWeThFrStSu