三島 由紀夫 絹 と 明察

三島 由紀夫 絹 と 明察

三島 由紀夫 絹 と 明察



『絹と明察』(きぬとめいさつ)は、三島由紀夫の長編小説。古い日本的家族意識の家父長経営で業績を伸ばす紡績会社社長が、「子」である従業員たちから労働争議を起こされ滅びてゆく物語。「日本」および「日本人」「父親」というテーマを背景に、近代主義的な輸入思想の〈明察〉の男と、日本主義の〈絹〉の男との二重構造の対比や交錯が描かれている 。

近江絹糸の労働争議を題材に創作された作品で、昭和39年度・第6回毎日芸術賞の文学部門賞を受賞した 。

Amazonで由紀夫, 三島の絹と明察 (新潮文庫)。アマゾンならポイント還元本が多数。由紀夫, 三島作品ほか、お急ぎ便対象商品は当日お届けも可能。また絹と明察 (新潮文庫)もアマゾン配送商品なら通常配送 …

“絹”(日本的なもの)の代表である駒沢が最後に“明察”の中で死ぬのに、岡野は逆にじめじめした絹的なものにひかれ、ここにドンデン返しが起るわけです」(「著者と一時間」朝日新聞・昭39・11・23) と作者はさらに解説している。

三島由紀夫が『絹と明察』を書きはじめたのは昭和三十九年一月號からである。 すでに他日の「千夜千冊」のところに書いたやうに、そのころの横浜山手町のわが家では囘覧雑誌なるものをすこぶる利用してゐて、毎月、婦人誌・経済誌とともに「群像 ...

世界が驚嘆した、戦後もっとも重要な作家、三島由紀夫。 今回のお品は、三島由紀夫の、直筆署名入り、「絹と明察」(講談社)です。 表紙の光沢ある青に合わせて選んだと思われる、青インクで記された三島 …

 · 絹と明察改版 - 三島由紀夫 - 本の購入は楽天ブックスで。全品送料無料!購入毎に「楽天ポイント」が貯まってお得!みんなのレビュー・感想も満載。

『絹と明察 (新潮文庫)』(三島由紀夫) のみんなのレビュー・感想ページです(31レビュー)。

キーワード「絹と明察」の検索結果. 絹と明察. 古書 さんぽ 北海道旭川市8条通24丁目353 ¥ 800. 三島由紀夫 著、講談社、昭和39年、299p、22cm、1 初版、函経年やけ汚れ・背題字退色、本体3方少やけしみ 絹と明察. ¥ 800. 三島由紀夫 著 、講談社 、昭和39年 、299p ...

三島由紀夫著「絹と明察」は敗戦後間もない日本が舞台である。一九五四年の近江絹糸の労働争議に題材を取っている。 読者は主に、登場人物である岡野の眼を通してその他の人物を知っていく形になって …

稀代の天才作家・三島由紀夫と、血気盛んな東大全共闘の討論会の全貌だ。時は1969年5月13日。東大駒場キャンパスの900番教室に、1000人を超える学生たちが集まり、三島を今か今かと待ち受けていた。 ... 「絹と明察」刊。 1965年(昭和40年) ...

三島 由紀夫 絹 と 明察 ⭐ LINK ✅ 三島 由紀夫 絹 と 明察

Read more about 三島 由紀夫 絹 と 明察.

8
9
10

Comments:
Guest
Do all you can and trust God to do what you cannot.
Guest

We do not inherit the Earth from our ancestors--we borrow it from our children.

Guest
There is no happiness for people when it comes at the expense of other people.
Calendar
MoTuWeThFrStSu