三島 由紀夫 絹 と 明察

三島 由紀夫 絹 と 明察

三島 由紀夫 絹 と 明察



『絹と明察』(きぬとめいさつ)は、三島由紀夫の長編小説。古い日本的家族意識の家父長経営で業績を伸ばす紡績会社社長が、「子」である従業員たちから労働争議を起こされ滅びてゆく物語。「日本」および「日本人」「父親」というテーマを背景に、近代主義的な輸入思想の〈明察〉の男と、日本主義の〈絹〉の男との二重構造の対比や交錯が描かれている 。

近江絹糸の労働争議を題材に創作された作品で、昭和39年度・第6回毎日芸術賞の文学部門賞を受賞した 。

Amazonで由紀夫, 三島の絹と明察 (新潮文庫)。アマゾンならポイント還元本が多数。由紀夫, 三島作品ほか、お急ぎ便対象商品は当日お届けも可能。また絹と明察 (新潮文庫)もアマゾン配送商品なら通常配送 …

“絹”(日本的なもの)の代表である駒沢が最後に“明察”の中で死ぬのに、岡野は逆にじめじめした絹的なものにひかれ、ここにドンデン返しが起るわけです」(「著者と一時間」朝日新聞・昭39・11・23) と作者はさらに解説している。

彦根に巨大紡績会社を築き上げた実業家、駒沢善次郎。自らを父親、従業員を子とする独特な経営哲学とその特異な人物像に、政財界に通じるフィクサー岡野は興味を持った。彼は旧知の元芸者を送り込み、駒沢と会社の動向を探ろうとする。若

Amazonで三島 由紀夫の絹と明察 (講談社文庫 A 20)。アマゾンならポイント還元本が多数。三島 由紀夫作品ほか、お急ぎ便対象商品は当日お届けも可能。また絹と明察 (講談社文庫 A 20)もアマゾン配送商品なら通常配送無料。

三島由紀夫が『絹と明察』を書きはじめたのは昭和三十九年一月號からである。 すでに他日の「千夜千冊」のところに書いたやうに、そのころの横浜山手町のわが家では囘覧雑誌なるものをすこぶる利用してゐて、毎月、婦人誌・経済誌とともに「群像 ...

『絹と明察 (新潮文庫)』(三島由紀夫) のみんなのレビュー・感想ページです(31レビュー)。

三島由紀夫『絹と明察』論 b 6 S ~ c dHì I ~ \ Hù º I Z 8 b [ 6 HÎ ] \377Â#Ø b6õ ~ _ X 8 Z cHÍ) í1 HÓ ² Ö Ô å »HÔ _

本田一成教授の『写真記録・三島由紀夫が書かなかった近江絹糸人権争議 絹とクミアイ』(新評論)が出版された。(以下『絹とクミアイ』とする) 「三島由紀夫が書かなかった」というのは、三島が近江絹糸争議をモデルとして書いた『絹と明察』(1964

久しぶりに三島由紀夫の作品を読んだ。 金閣寺、仮面の告白、禁色、鏡子の家、静める滝、潮騒、豊穣の海、愛の乾き、美徳のよろめき、午後の曳航、宴の後、獣の戯れ、などの長編を若い頃読み、幾つかの短編も読んでいるから、親しんでいる作家と言えるだろうけれど、改めて考えてみる ...

三島 由紀夫 絹 と 明察 ⭐ LINK ✅ 三島 由紀夫 絹 と 明察

Read more about 三島 由紀夫 絹 と 明察.

8
9
10

Comments:
Guest
Do all you can and trust God to do what you cannot.
Guest

We do not inherit the Earth from our ancestors--we borrow it from our children.

Guest
There is no happiness for people when it comes at the expense of other people.
Calendar
MoTuWeThFrStSu