三島 由紀夫 推理 小説

三島 由紀夫 推理 小説

三島 由紀夫 推理 小説



『金閣寺』(きんかくじ)は、三島由紀夫の長編小説。三島の最も成功した代表作というだけでなく、近代日本文学を代表する傑作の一つと見なされ、海外でも評価が高い作品である 。 金閣寺の美に憑りつかれた学僧が、それに放火するまでの経緯を一人称告白体の形で綴ってゆく物語で ...

三島由紀夫の小説の一覧。例えば,鏡子の家,午後の曳航,豊饒の海,仮面の告白などがあります。

三島が初の小説「酸模(すかんぽう)」を書いたのは、日中戦争が本格化していく1938年、13歳の時。本書は、以降時代の流れにそって各年代から9篇を精選した。二十代の作品からは奇癖をもつ女を描く「手長姫」や、兄妹の異様な短篇

『美しい星』(うつくしいほし)は、三島由紀夫の長編小説。三島文学の中では異色のsf的な空飛ぶ円盤や宇宙人を取り入れた作品で、執筆当時の東西冷戦時代の核兵器による人類滅亡の不安・世界終末観を背景に、宇宙的観点から見た人間の物語を描いている 。

『サーカス』は、三島由紀夫の短編小説。掌編小説とみなされることもある 。 団長がメインイベントとして仕込んだサーカスの花形的存在の少年少女の曲馬ペアが、パフォーマンスの只中で悲劇的な最期を遂げる物語。 童話風の小品ながらも、愛と死(生を超えた愛)、「殺される王子 ...

『音楽』(おんがく)は、三島由紀夫の長編小説。精神分析医の「私」が、不感症に悩む或る女性患者の治療を通して、彼女の深層心理の謎を探っていく物語。 サスペンス風の娯楽的な趣の中、精神分析という学問・世界観に対する疑問を呈しながら理論だけでは割り切れない「人間性の謎 ...

鋭利な分析は推理小説のようにスリリングであるが、驚くべきは現実界の青年が、いつしか小説の主人公に深く交差し、作者・三島由紀夫の天才の病理へと結びついていくことである。 そこに現れるのは、人間の心の深淵であり苦悩する魂の秘密である。

 · 三島由紀夫は、SF小説に理解があって、百編以上のSF小説を読んだというが(それほどSF小説を読んだ三島が自分なりのSF小説を書いてみようと思わないはずがない)、その中でも随一の傑作と称賛しているのが、アーサー・C・クラークの『幼年期の終り』で ...

そのエッセイで三島由紀夫は、「推理小説は面白い」とは言ってないようです。アガサ・クリスティーのような推理小説は一場の読物として読めないこともないがつまらなく、それは「文学」というものではないということを言いたかったみたいです。

中央公論社「日本の文学」事件 その4 ~宿敵三島由紀夫批判~ この事件以降松本氏の純文学批判が相次ぎ、ことに三島氏に対しては容赦のない批判をします。三島氏が自決した時も「三島文学の行き詰まりというよりも、三島本人の衰え」とびしりと裁断します。

三島 由紀夫 推理 小説 ⭐ LINK ✅ 三島 由紀夫 推理 小説

Read more about 三島 由紀夫 推理 小説.

9
10
11
12

Comments:
Guest
All that you do, do with all your might--Things done by half are never quite right.
Guest

There is no great success without great commitment.

Guest
Some people have eyes that see not and ears that hear not, but never tongues that talk not.
Calendar
MoTuWeThFrStSu