三島 由紀夫 推理 小説

Feby 8, 2020
三島 由紀夫 推理 小説

三島 由紀夫 推理 小説

三島由紀夫は、SF小説に理解があって、百編以上のSF小説を読んだというが(それほどSF小説を読んだ三島が自分なりのSF小説を書いてみようと思わないはずがない)、その中でも随一の傑作と称賛しているのが、アーサー・C・クラークの『幼年期の終り』で ...

>三島由紀夫は「推理小説は面白いが、ポー以外は文学ではない」と言った。その理由は? 三島の言葉を私なりに言い換えますと、「推理小説は面白いが、ポー以外は二度と読む気になれない」ということ …

『金閣寺』(きんかくじ)は、三島由紀夫の長編小説。三島の最も成功した代表作というだけでなく、近代日本文学を代表する傑作の一つと見なされ、海外でも評価が高い作品である 。金閣寺の美に憑りつかれた学僧が、それに放火するまでの経緯を一人称告白体の形で綴ってゆく物語で、戦中戦後の時代を背景に、重度の吃音症の宿命、人生との間に立ちはだかる金閣の美への呪詛と執着のアンビバレントな心理や観念が、硬質で精緻な文体で綴られている。それまで三島に対し懐疑的否定的な評価をして …

三島 由紀夫(みしま ゆきお、本名:平岡 公威〈ひらおか きみたけ〉、1925年〈大正14年〉1月14日 - 1970年〈昭和45年〉11月25日)は、日本の小説家・劇作家・随筆家・評論家・政治活動家・皇国主義者。 血液型はA型 、身長は163cm 。 戦後の日本文学界を代表する作家の一人であると同時に ...

三島由紀夫の怒り 大体私は女ぎらいというよりも、古い頭で、「女子供はとるに足らぬ」と思っているにすぎない。 女性は劣等であり、私は馬鹿でない女(もちろん利口馬鹿を含む)にはめったに会ったこ …

三島由紀夫の未公開インタビューが発見された。自決の9ヵ月前に語られたこととは? 作家・平野啓一郎が読み解く

(三島由紀夫『仮面の告白』) 一人称小説が引き起こす最大の矛盾のひとつとして、「 作中の時間経過と時制表現のズレ」 があります。 語り手自身の「誕生」から「成長後(現在)」までを物語るような、タイムスパンの長い小説ならなおさらのことです。

恋愛って中高生くらいまでは純粋に相手のことが好きであればそれだけで成り立っていたのに、20代30代になるにつれて変に複雑化してしまう傾向があるような気がします。それは「道徳」や「倫理」、「常識」といった、どこからともなく湧いてきた価値観を知れば知るほど複雑に考えざるを ...

三島由紀夫ってどんな人? 三島由紀夫は、1925年(昭和元年)現在の新宿区に生まれました。成績優秀だった彼は、東大法学部を卒業して財務省に入省します。財務省は、現在でも入るのが最も難しい省庁だと言われています。

三島 由紀夫 推理 小説