三島 由紀夫 の 名言

三島 由紀夫 の 名言

三島 由紀夫 の 名言



 · 三島由紀夫のプロフィール 三島由紀夫(みしま ゆきお)・1925年1月14日に生まれ、1970年11月25日に亡くなる。・東京都出身の小説家・劇作家・随筆家・評論家・政治活動家・皇国主義者。・後の日本文学界を代表する作家の一人であると同時に、ノーベル文学賞候補になるなど、日本語の枠を ...

 · 三島由紀夫. 精神を凌駕することのできるのは習慣という怪物だけなのだ。. 世界が必ず滅びるといふ確信がなかつたら、どうやつて生きてゆくことができるだらう。. 人間はあやまちを犯してはじめて真理を知る。. 法律とは、本来ごく少数者のためのものなのだ。. ごく少数の異常な純粋、この世の規矩を外れた熱誠、……それを泥棒や痴情の犯罪と全く同じ同等の ...

 · 三島由紀夫の名言格言 理想的な「他人」はこの世にはないのだ。 滑稽なことだが、屍体にならなければ、人は「親密な他人」になれない

三島由紀夫名言集より いかがでしたか? 中でも私には耳のいたい話しがありました。 「なぜ大人は酒を飲むのか。 大人になると悲しいことに、酒を呑まなくては 酔へないからである。 子供なら、何も呑まなくても、忽ち遊びに酔って

 · 三島由紀夫は「早熟の天才」という言葉がふさわしい作家だと思います。 また、ある人は「三島の頭の回転は常人の1.8倍は速い」とまで言っています。

 · 精神を凌駕することのできるのは習慣という怪物だけなのだ。

三島 由紀夫 の 名言 ⭐ LINK ✅ 三島 由紀夫 の 名言

Read more about 三島 由紀夫 の 名言.

8
9
10
11
12

Comments:
Guest
Joy is not in what we own...it's in what we are.
Guest

A cheerful friend is like a sunny day.

Guest
If at first you do succeed, hide your astonishment.
Calendar
MoTuWeThFrStSu