ジャック ロンドン 村上 春樹

ジャック ロンドン 村上 春樹

ジャック ロンドン 村上 春樹



―村上春樹「アイロンのある風景」が映し出す ジャック・ロンドン「焚火」 田辺 章* 村上春樹の連作短編集『神の子どもたちはみな踊る』の六編は、すべて1995年2 月 ―阪神・淡路大震災の翌月― を舞台としている。その第二話「アイロンのある風

「MONKEY」Vol.4は、アメリカを代表する作家「ジャック・ロンドン」の特集です。ロンドンが若い頃に極寒のクロンダイク地方で越境した経験をもとに書いた傑作小説「野生の呼び声」(250枚)を柴田元幸の新訳で一挙掲載。村上春樹の短篇が原作の漫画「かえるくん、東京を救う」も掲載。

柴田元幸による新訳ジャック・ロンドン「野生の呼び声」一挙掲載 & 村上春樹の短篇が原作の漫画「かえるくん、東京を救う」 柴田元幸責任編集による文芸誌「MONKEY」Vol.4は、アメリカを代表する作家「ジャック・ロンドン」の特集です。

ジャック・ロンドン(英: Jack London、1876年1月12日 - 1916年11月22日)は、アメリカ合衆国の作家。出生名はジョン・グリフィス・チェイニー(John Griffith Chaney)。

村上春樹で一番好きな本は??定番中の定番な話題ですが、僕は(気分次第で言うことが変わることもあるけどまあ通常は)「神の子どもたちはみな踊る」をあげます。なかでも好き、というか、繰り返し繰り返し読んでしまうのが「アイロンのある風景」。

村上春樹の「神の子どもたちはみな踊る」にある、ジャック・ロンドンの『to build a fire/焚き火』の翻訳がネットにありました。 『to build a fire/焚き火』 アラスカを歩く男が極寒の中で、焚火に失敗する話です。 動かなくなる指。 濡れた足。

村上春樹の本『ダンス・ダンス・ダンス』に出てきた本。スウィフト『ガリバー旅行記』、ジャック・ロンドンの伝記、フォークナー『響きと怒り』、エド・マクベイン『87分署』、フランツ・カフカ『審判』、ルイス・キャロル『不思議の国のアリス』『鏡の国のアリス』

読書日記「火を熾す」(ジャック・ロンドン著、柴田元幸訳、スイッチ・パブリッシング刊) ... この短編を、村上春樹が短編集「神の子どもたちはみな踊る」(新潮文庫)のなかの「アイロンのある風景」で取り上げていることを、新聞の書評とネット ...

あとは2人に任せ、作家村上春樹氏のエッセー『ジャック・ロンドンの入れ歯』を思い出した。 氏と誕生日が同じアメリカの作家にジャック・ロンドンという人がいた。 過去形で書くのは、彼が名声の絶頂で自殺してしまったからだ。

村上春樹の[ジャック・ロンドンの入れ歯]が載っている本があれば教えて下さい。昔、教科書で読んだ記憶があります。

ジャック ロンドン 村上 春樹 ⭐ LINK ✅ ジャック ロンドン 村上 春樹

Read more about ジャック ロンドン 村上 春樹.

4
5
6
7
8

Comments:
Guest
In the good old days, Uncle Sam lived within his income...and without most of ours.
Guest

Truth has only to change hands a few times to become fiction.

Guest
A cheerful friend is like a sunny day.
Calendar
MoTuWeThFrStSu